※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

13 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/08(金) 23:24:12 [ WlX1lTx. ]
何だか長くなってしまって申し訳。おまけにカオスな夢につき注意。

俺は中学校の教室にいて、クラスメイトは東方キャラが勢揃いだった。
50人くらいの賑やかな雰囲気。おい俺、東方キャラは総勢50人でいいのか?
あと俺の後ろ、教室の後ろの隅にはベッドがあって、慧音?が寝てた。

なにやら大がかりなゲーム企画に取り組んでいるようで、みんなして頭をひねってる。
ウミガメのスープ的なクイズっぽい問題らしい。
その時、眠る慧音がなにやら寝言を呟きだした。
「うーん……アパム……アパム……」

む、コレは重要なヒントに違いない。俺はみんなを代表し、起きた慧音に聞いた。
「あなたは寝言でアパムという単語を口にしました。あなたはそれについて知っていますか?」
けーね微妙に照れながら答えて曰く、
「はい、知っています。それが地名であることも知っています」

やった、重要な情報が得られた。「とりあえず最初の目的地はアパムだな」「アパムかー」
アパムって四国までくらいの距離だっけ? 大がかりな企画だなまったく。
事態の進展に活気付く一同。クラス中に「おめでとう今日の分はやりとげたなー」的空気が漂う。
そのとき、教室の外から「ドサッ」という人が倒れるような音が。

何だ今の音は……? 俺は廊下に出て、すぐ向かいにあったベランダから外を見渡した。
校庭に、血まみれの死体が三つ。それと、ベランダにはささやかな血溜まり……。
死体の一つは、ベランダから飛び降りたら届きそうな位置じゃないか。
「ウィルスだ」 同じくベランダに出た友人が言った。
発病して全身から出血し、事態に絶望した男が飛び降りる……そんな光景が容易に浮かぶ。
”アウトブレイク”という映画のタイトルを思い出した。まったく簡単に自殺してくれる。

「この学校はもう駄目だ。俺は焼き払われる前に逃げさせてもらう」
恐るべき冷徹さで言う友人。外にウィルスを持ち出す事に、などという遠慮は無いとみえる。
俺はその割り切りが半分羨ましいと思った。もう半分は絶望で、怒りや失望は沸かなかった。
友人は何気なく足下の血を指ですくうと、その場にいたチルノと大妖精の頬にそれを塗りつけた。
「お前も気にせずスタコラサッサすることだ」

……え? 待て、今何をした。血液が肌に触れたりしたら、確実に感染……。
キョトンとするチルノ大妖精。校庭に散らばる、血まみれ死体。
ベランダ。血を塗りつけた。ウィルス。友人。そもそもこの友人は誰だ。俺はいったい、


そこで目が覚めた。

カオス
カフカ
不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|