※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

986 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/09/07(木) 07:18:43 [ kyelP/xQ ]

夢の中で幻想郷の魔法使いになって、フィールドワークの一環としてリリーホワイトの
研究をしていた。以下はその成果。

  • リリーホワイトというのは個体でなく種族名。一匹あたりの行動半径が大きいため
複数個体を同時に見ることは稀。
  • 知能は妖精の中でもかなり低く、言語によるコミュニケーションは困難。
(なお、チルノや三月精は妖精としては相当に高い知性を持っている)
  • 意味も無く弾幕を張るのは習性。犬が嬉しくて尻尾を振るのと同じようなもの。
  • 初夏以降は高山の森の中でひっそりと生活している。冬は冬眠する。
  • 花の事件の時は大気中の春度が高いため異常発生していた。

論文を書き終えて、なんか妖精というより動物だな…と思ったあたりで目が覚めた。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|