※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

973 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/09/06(水) 10:48:56 [ GWZpDmKI ]

前の方々の言うように、俺はパチェ属性は全く無いはずなのですが、パチェの夢を見た。 


俺は木造の研究室みたいな所で椅子に座っていた
半分実写みたいな欧風美少女のパチュリーが歩いてきて
俺の頭を両手で挟み込んで見つめながら、美形だわ、とつぶやいた
正直、自分でも微妙な容姿だと思う、友達にもっとハンサムなのが居る、と言うと
骨の形が美しい、との事らしい
意味がわからないと言うと、自分の魔術の本分は骨を操る術だ、とか語りだした

要約すると
そもそも魔女達は「七曜の~」や「普通の黒魔術」「人形使い」などと自分の二つ名を振れ込み、
自分の手の内をわざわざ他人に知らせるバカはやらない、との事
戦(や)る前から手札がバレてたら、事前に対策されて終りだそうだ
そこでいきなり、座っている俺の股の間に体を割り込ませて密着してくるパチェ
とても良い香りがしてハッピィ

ここからうろ覚えだが
耳たぶを軽く噛まれて、この軟骨は感覚が良いから性能の高いソナー?になる、とか
細くて白くて冷たい指で喉を撫でながら、この喉骨は音撃魔術の増幅装置に優秀でうんぬん
この骨密度、たくましさ、軟骨の柔軟性、魔力の伝導性、実にすばらしいわ…うんぬん、と褒められた
なぜか三人称視点で、まるで洋画のエロシーンを見ているようだったが、気持ちよい感触はあった
掌や指は冷たいのに、凄く熱い舌で鎖骨を舐めながら他にも何か言っていたが
俺は、ウホッ、いい淫夢…!と興奮してて聞いてなかった


が、ここで右首筋が痛くて一度眠りから覚める。どうやら寝違えたらしい。
もちろん、高まった春度によって、俺の股間はスーパーナチュラルボーダーしていた
眠かったのですぐまた眠る



さっきの続きらしく、俺の首筋に後ろから吸い付いているパチェ
だが現実の痛みが影響してるのか、首筋が痛い
ほんとうに良い骨だわ、ほら、見てみて、と言われたので振り向くと
パチェが恍惚とした表情で、少し小さめの、俺の白い骨を口にくわえていた
俺はびっくりしながら右首筋から血が流れないように、骨を抜かれた穴を左手で押さえた
大事な骨を抜かれたらしく、右腕は動かない
パチェが羽根ペンみたいなものを、顔色一つ変えずに首筋の穴に刺してくる。まるでインクにひたすように。
激痛で腹が立ってきたが何故か声が出せなかったので、パチェを睨む
しかしパチェは気にした風もなく、俺の血のついた羽根ペンを突きつけながら、
『後で送られて来る』ようにする為に、この紙に貴方の名前を書きなさい、と言う
利き腕(右)が動かないから無理だ、と答えると、誰かが研究室のドアを蹴破って入ってくる音がした
パチェが舌打ちした。そこで目が覚めた。

で、休日なのに 今も右首筋が凄く痛くて動きにくいわけだが。

975 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/09/06(水) 11:34:47 [ 4HpUDPB2 ]

パチェの探し物は>>960ではなく>>973だったのか…







怖…

幻想郷
不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|