※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

929 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/09/01(金) 18:12:42 [ HgH8M8/Q ]

 >>924
普段意識してないキャラが、というのはわかるなぁ。

最近見た夢で、自分が武装していずこかの研究所に忍び込む、という
なんとも厨臭い設定の夢を見た。
途中経過は忘れたけど、なぜか最深部に鈴仙?(以下うどんげと記述)が囚われていて
いっしょに脱出することになった。どうもうどんげの救出が俺に課せられたミッションだったらしい。
「駄目よ、見つかったら師匠に何されるか…!」っておびえてたうどんげを
詳細は忘れたけどなんかかっこいい言葉で説得して連れ出したのは覚えてる。
で、無事に脱出してから竹林(ってかここだけ本家に忠実)を二人で疾走してたら
なぜか突然ビルの屋上に移動したので色々会話してたらすごくいい雰囲気になって
色々ネチョいことを致してたのは覚えてるんだけどそこから残念ながら記憶にない。

俺もうどんげはそんなに意識してないけど、会話してる時のうどんげは凄くかわいかった。
あと、しっぽがちゃんとあったのははっきり覚えてる。うむさすがしっぽフェチの俺の夢。

非現実
ネチョ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|