※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

787 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/15(火) 01:10:52 [ eYovpcz. ]

大分前に見た夢。


俺と霊夢魔理沙で、博麗神社で遊んでいた。
遊び疲れて、3人でお茶を飲んでいたら、知らぬ間に眠ってしまっていた。

目が覚めて、ふと縁側に目をやると夕焼けに映える霊夢の姿が。
俺の姿に気付いた霊夢が、「やっと起きたの?もう魔理沙帰っちゃったわよ」と呆れ顔で言ってきた。
「あぁ、ごめん。俺ももう帰るよ」と返すと、
そっと霊夢が俺に近付いてきた。

そして顔を近づけ、唇を重ねてきた―――。

驚き赤面する俺を見て、霊夢はクスっと悪戯そうに笑うと、
「まぁゆっくりしていきなさいよ」と囁いた。


ここで目が覚めた。

788 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/15(火) 01:20:01 [ XxaJOe5g ]

おーい、誰か>>787の行方を知らないか?

789 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/15(火) 01:20:32 [ J0vPqKqs ]

 >>787なら映姫様のところで見かけたよ

幻想郷
不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|