※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

775 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/13(日) 22:26:16 [ aDPc45xQ ]

今日二度寝したとき見た夢。

何故かさまと何処かの森林を遁走してた。
その森林を抜けるとそこは草原で、安堵した藍さまが、
「こ、ここまでくれば……」
と息を切らしていた。だが、同じく息を切らしていた漏れが、
「でも、あの方はスキマ妖怪だから……」
と言った直後に足元にスキマが開いて落下した、ところで目が覚めた。

776 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/13(日) 23:28:15 [ 5ACGUQqE ]

 >>775
危なかったな

777 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/13(日) 23:33:09 [ 8NCu0VPc ]

 >>775
そのスキマから、お前さんの寝床へと強制送還されてしまったんだな。

778 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/13(日) 23:34:49 [ oPq7jGVc ]

つまりあれは現実だったんだよ!!

779 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/14(月) 04:57:02 [ e1HssWtc ]

ゆかりんも人が悪い

780 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/14(月) 08:02:41 [ CBWt7Vhk ]

「全く……信じられないわ」
「…」
「藍…貴方、自分が何をしたかわかっているの?」
「……」
「かつて三国をまたにかけた悪女が、人間の男と駆け落ちだなんて
 呆れ果てて言葉も出ないわ…何か言う事はある?」
「申し訳…ありません…」

てなやりとりがあったのだろーか

781 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/14(月) 13:44:53 [ s8RhFGIY ]

なにそのリアルな会話

784 名前: 775 投稿日: 2006/08/14(月) 19:55:36 [ d03r3UGs ]

そういえば、寝汗掻いてたな。肩の辺りだけだったがw

スキマに落ちてなかったら、どうなってたのかがとても気になる。orz

790 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/15(火) 06:41:07 [ DXkF87V6 ]

 >>775 こうですか?わかりません!  


「うっ……はあっ!」

 ガバッ

 (…)

 (……) 

 (………ぁー 夢か)

「ん… なんだ、これ
 金色の…毛?
 ウチにゃペットなんていなかったハズだが」

「………」

「…あ? なんで、この毛 こんなに濡れてるんだ?」

「え… これ  俺、ど…して…泣い、て……?」


   ―――おーっす!
   ―――おう、おはようさん
   ―――あん? なんだそのお守り 中に何入ってんだ? つーか、お前無宗教じゃなかったっけ?
   ―――んー、なんとなくっつーか…俺もよくわからん
   ―――はぁ? なんだよそれ  …ってオイッ 遅刻すんぞ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 縁側佇み
 暗く沈んだ表情で俯く妖狐
 泣き腫らした眼、涙の跡
 しっぽには、ひとふさ分の毛を切り取った跡

ゆかりん
不思議・ホラー
ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|