※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

754 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/11(金) 14:49:29 [ rRApmC.M ]

 >>753 うおっ まさに夢のクロスオーバーですなw

昨日見た夢
田舎にある祖母の家に従兄弟、俺、霊夢が居た
三人それぞれが6~7杯ずつのお茶を淹れて、
それを霊夢が飲んで優劣を評するという「聞き茶?」みたいな事をしていた
(審判役の霊夢自身もお茶淹れてるのが謎)
俺が淹れたお茶は、何故か7杯全部ミルクティー
従兄弟は番茶2杯、緑茶2杯、ミルクティー3杯
霊夢は7杯全部緑茶だった

まず俺のミルクティーを1杯飲む霊夢 …イマイチのご様子
次いで従兄弟の緑茶を一口飲んでから、自分の入れた緑茶を飲む

「うん、コレね」
と言い、自分で淹れた緑茶を最優秀茶に選んだ 
「やっぱり緑茶かよw」と苦笑する従兄弟
(三杯しか飲んでないのに決定かいっ しかも自分のかいっ)と心中で突っ込む俺

現実
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|