※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

706 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/08/04(金) 03:35:59 [ P8sTV4ZI ]

昨日、昼寝している時にウドンゲ?の夢を見た。

自室の中でウドンゲが書き物をしていると、微笑を浮かべた永琳?が盆を手にして入ってくる
「いつもお疲れ様。今日のご飯は貴方の好きなハンバーグよ」
「わぁ、嬉しい!私、ハンバーグ大好物なんですよ!」
わざとらしい位の笑顔でハンバーグを口に運ぶウドンゲ。それをにこやかに見守る永琳
「そう……喜んでもらえてよかったわ。残さず食べてね」
永琳が立ち去った後、黙って箸を置くウドンゲ。
先程の笑顔が嘘のような無表情で、じっと膳を見つめる
やがて、その表情がゆっくりと歪んだ。うつむいた顔から、静かに涙がこぼれる。
搾り出すような声で、彼女は呟いた
てゐ?……」






どう見ても封神演技です。本当にありがとうございました

傍観
不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|