※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

672 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/07/28(金) 11:22:02 [ TJt9r2Hk ]

忘れないうちに書き込み。

視点は自分で場面はどこかの深い山の中。夏なのに涼しかった。
ぶらぶら歩いていると細い2本の木の棒が縦に埋められてる場所に着いた。
そこに立つと急に自分の体が半透明になっていった。
そして次の瞬間竹林に立ってた。

とりあえずまたふらふら歩いていたら天狗に襲われた。
顔が人間じゃなくて鴉のまんま鴉天狗。
あっという間に高く持ち上げられてまた地面に突き落とされた。
上を見ると天狗はいなくなってて妹紅?がいた。どうやら妹紅に助けられたらしい。
お礼を言おうと思ったら何か言われて叩かれて気絶した。

場面が変わってどこかの家に寝かされていて、起きたら知らない着物来た女の人がいた。
ゆかりんの使いのものらしく、紫様から話は聞いています、付いてきてくださいといわれて
付いていったらどんどん先に進んでいく。見失わないように走ってたら何時の間にか
また竹林にいた。あれ?女の人はどこだろと思ったら、そこから先はいけません
と声が聞こえたので、仕方ないなと思って歩いてたら眼が覚めた。

めっちゃ寝汗かいてた。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|