※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

644 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/07/24(月) 18:33:07 [ ceh3ioy. ]

今朝方見た夢の話をしようと思う。

原因は分からんがパチュリーが入院してて、
俺は魔理沙と一緒にパチュリーの見舞いに行った。
病室に入って魔理沙と俺は寝ているパチュリーを挟むように
それぞれベッドの端に腰掛けて、雑談していた。

そのうち魔理沙が何を思ったか、唐突にパチュリーの手を握ると、
いきなりパチュリーの指をチュパチュパしだした。
パチュリー顔真っ赤。明らかに興奮してる表情。
俺はその様子をボケッと眺めていたのだが、
突如、信じられないことが起こった。

パチュリーがいきなり俺の足を掴んだかと思うとそのまま
チュパチュパしだしたよ俺の指それも足の指をってかもう
エロいエロいよその表情ヤヴァいこれは色々とクルものが
もうたまらんってか足指チュパがこんなに気持ちいいとは
ええもうこんな快楽夢の内外関わらず生まれて初めてです

で、その後同じ病院に入院してた親戚を見舞ったり
ゲーセンで潜水艦のゲームをやったりした後目が覚めた。

あのパチュリーの表情と足の感触は未だに残っている。

現実
カオス
ネチョ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|