※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆあきん、こと八雲 紫
境界を操るという強力で反則的な能力を行使し、長い年月を生きた純正のスキマ妖怪、それが彼女である

夢の中では不幸の中に突き落とす死神でありながら不運から救い出す女神でもある
正と負の二面性をもつ彼女の性格は何処かインドのシヴァ神や日本のスサノオに近いものを感じさせる
こう言った神話に類型を見出せるという事実は、彼女のイメージが
ユングの提唱する「元型」に非常に近い事を意味しているのではないだろうか?
集合的無意識に内在するモチーフは夢に出やすい。東方という型を得た我々が
モチーフの拠り所として同様にゆかりんを求める事は充分在り得るだろう


以上がまぁ、常識的な推察、解釈だろう
自分は理系の人間ながらある種の神秘主義を頭から否定する事もまた
「それこそ科学的で無い」と批判する極めつけの変人なので
もう一つの可能性を否定するつもりは一切無い

つまり、現実に八雲 紫(或いは其れに準ずるスキマ)が存在し、我々を弄んでいる可能性を。

霊夢、魔理沙に次ぐ登場頻度を誇り、三強の一角を担うと言って良い
ピンで登場したり、印象的な役回りを良くこなすため、夢の中の彼女の活躍も鮮烈に記憶に残る

「ど う ? 望 み 通 り の 良 い 悪 夢 だ っ た で し ょ う ?」




01-031
01-122
01-131
01-146
01-169
01-174
01-202
01-214
01-217
01-224
01-232
01-234
01-243
01-245
01-339
01-349
01-363
01-367
01-400
01-408
01-424
01-433
01-495
01-515
01-521
01-522
01-532
01-555
01-608
01-622
01-627
01-633
01-648
01-709
01-712
01-775
01-801
01-805
01-807
01-831
01-844
01-846
01-849
01-879
01-889
01-894
01-902
01-913
01-926
01-940
01-953
01-964
01-976
01-991
02-014
02-017
02-040
02-051
02-071
02-079
02-092
02-094
02-129
02-146
02-148
02-149
02-158
02-168
02-178
02-182
02-184
02-192
02-205
02-241
02-261
02-275
02-293
02-308
02-347
02-352
02-358
02-398
02-418
02-436
02-475
02-492
02-497
02-499
02-510
02-535
02-539
02-583
02-586
02-592
02-597
02-599
02-610
02-628
02-655
02-680
02-703
02-706
02-709
02-720
02-733
02-734
02-770
02-776
02-781
02-786
02-820
02-830
02-838
02-850
02-863
02-866
02-879
02-882
02-883
02-890
02-895
02-902
02-925
02-930
02-935
02-941
02-954
以上、計127件

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|