※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

592 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/07/05(水) 15:29:59 [ fpYPo/xk ]

先日見た夢なんですけどね。
どこか公民館みたいなところのホールで、東方キャラと宴会をしていたんです。
窓の外は夜で、しかも嵐になってて。どうやら天気が悪いんで屋内で騒ぐ事にしたらしい。
料理の載った折りたたみテーブルをこう、並べてですね。
ゴザの上に直座りしまして、和気藹々と楽しんでいたんですよ。
そうしたら、フッ…………と明かりが消えて真っ暗になってしまいまして。
口々に「なんだ停電か?」「何も見えなーい」とかざわめいていると、誰かが「とりあえず外に出ようぜ」と言ったんです。
皆、渋々という感じで動き始めた気配がするんですけど、私は夜目が利かないもんですから動くに動けなかった。
途方にくれて突っ立っていますと、魔理沙の声がしました。
「おい、こっちだぜ。俺について来いよ」
ああ、優しい娘だなあ、とホッとしながら歩き出そうとして、ハッと気がついた。
魔理沙は“俺”なんて言わないんですよ!
(これについていってはいけない!) もう、別の意味で動けなくなってしまいまして。
息を殺してジッ…………としてますと、再び明かりがついて物が見えるようになりました。
そうしたら、酒も料理もそのままに、誰もいなくなってました。広い宴会場に、ぽつーん、と私一人だけ。
もう怖くて寂しくて、飛び起きてしまいました。なんだったんでしょうねえ、あの夢。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|