※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

25 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/01/08(日) 02:45:47 [ Som7x7D6 ]

変な夢を先日みたなぁ
母と歩いていた。目的はわからない。
隣にいる母を見た。なぜか幽々子がいた。
当然の如く嬉しくてしかたない。唐突だが彼女は微笑んでいた。
しかし俺が母はどこだろう、と問うと一言。「食べました」
その辺りよく覚えていないけど、一緒に笑った後、探しに行く事にした。幽々子は空を飛んでいた。
俺も飛んでいた。一緒に飛んでいた。「飛べた、しめしめ、後でみんなに自慢しよう」とか考えてたと思う。
特に探したわけでもないが、なぜか俺は「いない」と言っていた。幽々子が一言、「食べました」
空を飛べて気持ちが大きくなっていたのか、幽々子の胸倉を掴んだ。何を言ったかは憶えていないし、何を考えていたかも憶えていない。
幽々子は静かに微笑んでいた。確かその後、返してくれ、と連呼していたと思う。
それが絶叫に変わる頃、うめきながら起きた。
よくわからないけど、涙が出ていた。本当に変な夢だったなぁ。

カフカ
不思議・ホラー

next
prev
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|