※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

516 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/06/10(土) 03:03:28 [ Pa5JXGug ]

映姫がデスクに書類広げて作業してた。
小町?はパソコンのディスプレイを前と横に並べて、
それぞれ交互に見渡しながらキーボードで入力してた。
小町の対面には文?。物凄い勢いで文字を書いてる。読めん。
霊夢が映姫の対面でお茶を飲んでいる。
自分はこの4人のお茶汲みと雑用らしい。
4人に対してお茶を入れた回数を、ホワイトボードで正の字でカウントしていき、
27回を数えた時点で文が殺伐とした表情で取材に出て行った。怖いよ文。

非現実

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|