※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

495 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/06/06(火) 21:36:00 [ szRBIypI ]

夢の中で俺は小学生に戻っていた。
舞台は小学校。その日は参観日らしく教室には沢山の父兄がいた。
うちの親はまだ来てなかったらしく、こないのかなと思っていたら
ゆかりんが教室の中に入ってきた。うちの親の代理で来たらしい。
俺は嬉しくも少し恥ずかしさを感じながら
ゆかりんをジーっと見ていた。
向こうも俺に気がついたらしく、ニコッと微笑んだところで…目が覚めた。

ゆかりん微笑み…素敵でした。

現実
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|