※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

385 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/04/18(火) 12:36:02 [ MiZ49ndY ]

今日見た夢。

場面は屋敷、でもちょっと小さかったから旅館だったのかもしれない。
俺はそこで病人として床の間に就いていた。
家の中の者は仕事か何かでどんどん外出し、最後に女将さんらしき人が部屋に入ってきて、
「私はちょっと野暮用で外へ出ますから、病人は無理してはいけませんよ。」と言って出て行った。
そして家の中の者が完全にいなくなった後、俺は「もういいですよ。」とつぶやいていた。
すると、どこからもなく「本当だろうな?」という声がした。
そして何の前触れもなく慧音?が目の前に出現した。どうやら歴史を操って身を隠していたらしい。
内容はよくわからんかったが、どうやら隠密ミッションをしていたようだ。
「確かに誰もいないようだな。
 …むっ!異質な気配が3つ、普通の気配が1つ。誰かいるじゃないか。」
「 ? 変ですねぇ。ここにいる者はさっきの女将さんで最後なんですが。」
「そうか、なるほど。ならばそれがターゲットだ。行こう。」

のところで目が覚めた。
慧音を拝めたのは嬉しかったが、かわりに学校に遅刻してしまった。どうしてくれる。

現実

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|