※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

379 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/04/12(水) 03:00:49 [ 0KzaM4qc ]

永遠亭の縁側に輝夜?、その右に永琳?、左に鈴仙?がいた。
傍にはイナバ達が数人。
時間は夜で、満月には3日ほど足りないくらいの月があって、
それを眺めながら輝夜は月についての講釈をしていた。
輝夜は始終、静かな笑みを浮かべていた。
話をしっかり聞きたいと思って近くに寄ると、輝夜がこっちを振り返って、笑顔のまま
妹紅?を呼んできなさい、イナバ」
自分はイナバの一人だったらしい。
妹紅を呼びに竹林まで行こうとしたら、廊下で妹紅に出会った。
妹紅がこっちに気付いたところで目が覚めた。

キャラ視点
幻想郷

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|