※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

303 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/03/22(水) 01:24:49 [ vnkIQBRI ]

自分はただ見てた。

薄暗い紅魔館の廊下を霊夢が歩いてた。
やがて大きな扉の前に到着、霊夢が扉を開けようとしたら
扉が爆発した。
しばらくして爆発の煙が収まって霊夢が咳き込んでる所に
部屋の中にいたレミリアが歩いてきた。
霊夢が文句を言っている。
レミリアが
「扉のそれは私が仕掛けたものでも咲夜が仕掛けたものでもない。
運命だったのよ。」
と言った。


幻想郷
不思議・ホラー
傍観

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|