※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

256 :名前が無い程度の能力:2008/06/08(日) 04:50:17 ID:4.HS9YUM0
またひっどいネチョ夢を見てしまった。

紅魔館前の湖で咲夜さんがみすちー?に弾幕勝負を挑んで、何故かみすちーが発情して返り討ちにあってた。
妖怪に負けた人間の末路は悲惨で、洒落にならない勢いでネチョられまくってた。
発情したみすちーは疲れ知らずで休むことなく咲夜さんを(略)
咲夜さんは立て続けにイ(略)まくりだった、理性のたがが外れた妖怪怖っ。

助けようと思ったけど、多分普通に無理な上に高確率でこっちにとばっちり(性的な意味で)が来るだろうから、仕方なしに博麗神社に行くことに。
道中「ヨウヨウムちゃん」とか書いてある謎に満ちた抹茶色の旗がなびいてた、茶店?

神社の石段を登った先に、妖夢と咲夜さん(何故いる)を発見。
二人とも衣服が乱れてて何故かすっごい汁まみれ。
しかも咲夜さんのヘッドドレスから垂れ下がっている空の牛乳瓶が意味不明で怖すぎる。

直感的に先ほどのみすちーのせいで咲夜さんが目覚めて、
事が終わった後もその咲夜さんが色々と我慢できなくて、
性知識を持ち合わせていない純粋な妖夢を騙して快楽の虜にしてこんなことになっちゃったと理解した。
二人がこっちに気づいたけど二人とも目が少々ヤバイ、すごい恍惚とした表情だ!
これは間違いなく犯られる!その牛乳瓶に出せというのか!
と思って逃げようとしたけど何故か体が動かなくて徐々に二人が近づいてきて…

アッー!


その後、何もかも搾り取られ精も根も尽きたところで目が覚めて、

(ああ、そういえば前にもチルノに無理矢理犯られたっけ…)

とか思いながら、こんな夢を見る自分はもうダメだと思いました。

257 :名前が無い程度の能力:2008/06/08(日) 04:59:47 ID:UiFLP4Gg0
電脳化技術が発達していないことをここまで悔いた事は無い

258 :名前が無い程度の能力:2008/06/08(日) 05:34:10 ID:GNgkGH7s0
祝・漫画化

next
prev
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|