※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

143 :名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 05:19:41 ID:vPzVXr3I0
魔理沙視点の夢で、夜、ベッドに横になっていると服の中になんとミニ魔理沙が入ってきた。
ところでこのミニ魔理沙、誰かの被操作キャラという設定。
服の中に入ってきたもの悪戯によるものだろうと思いほっとけば出て行くだろうとちょっと我慢することにした。
が、その考えもミニ魔理沙がわき目掛けてマスタースパーク撃ってきたあたりからくつがえされた。
このミニ魔理沙、悪戯心どころか悪意で以って操られているらしく、その後も胸に向けて罵声を浴びせてきたり耳の中に入って散々暴れまわったりした。
最初はちょっと我慢するだけのつもりだったのに、この頃になるとじっと耐え続けることは何故か自分との戦いになっていた。
最後にミニ魔理沙が腹の上で小便垂れていく段になると、生暖かい感触に内心涙を流しながらでよっぽど潰してやろうかと思ったが、
それでも声を出すのを耐え、ミニ魔理沙が箒に乗って悠々と部屋の外に出て行くのを薄目を開けて見届けた。

夢の中での妙にリアルな感触のせいで目が覚めてから思わず耳をほじってしまいました
うざ魔理沙

next
prev
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|