※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

137 :名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 20:57:09 ID:.2mRhdjw0
余り深くは覚えてないけど。初めてみたからカキコミ。
結構カオスな夢だった。

谷の所に昔ながら(?)の木造の家々がある村があった。
その村からでて谷あたりに俺は歩いていたら、
いきなり爆撃のような感じで、大きな爆発音があった。
俺は咄嗟に後ろを振り返って村をみたら
村の家々が炎上していた。俺が唖然としてそれを見つめていて
ふと村の外のほうに目をやると、萃香が空中にいた。
萃香は村のほうをみていて、何か寂しげな儚いような表情で
つぶやくように、何かを話していた
誰にむけて言ったのか、どんなことを言ったのかはわからないけど、
とても悲しそうな顔をしていた。
それで、夢は途絶えて、目が覚めた。

何故いきなり村が炎上したのか。何故、萃香はあそこでいたのか
何故そんな表情をするのか。そして何を言っていたのか
俺にはわからない。

とまぁ小説みたいになったけど、こんな感じのカオスな夢でした。

next
prev
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|