※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

87 :名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 12:44:12 ID:og03X8YQ0
余りにも長い夢だった。という分けで注意。
引っ越す前に住んでいた家で飯を家族全員で食ってた。
そしたら呼び鈴が鳴る。
「どうぞー。」と言ってみたら入ってきたのは咲夜さん。
大きなダンボールを持ってリビングに入って来る。
もう帰るのかなーと思いつつ飯食ってたら咲夜さん俺の隣に座る。
母、何食わぬ顔でご飯をよそる。
咲夜さん、何も言わず飯を食べる。
俺、飯を食いつつ咲夜さんをチラ見。
父、何時も通りテレビを見る。
で、俺は飯を食い終り、風呂入る。
で、上がる。
咲夜さん、交代で入る。
あれ・・・入るの?
と思いつつ炬燵でぼー・・・。
で、ついに咲夜さん上がって来る。
チラッと見てみれば咲夜さんネグリジェじゃねぇかああああああああ!
やばい。まずい。ここに居たら俺は・・・死ぬ!(出血多量で)
急いで俺は自分の部屋に入る。布団に入る。隅に寄る。
そして寝ようとしたら、扉が開く。
あれ・・・まさか・・・?ってチラッと見てみれば咲夜さん。
俺の布団に入って来るし!
ちょ・・・え・・・?
とりあえず隅に寄って寝ようとする。
そしたら咲夜さん既に寝てる。
早いなと思いつつ俺も寝ようとしたら咲夜さん転がって俺にくっ付いた!
ちょ・・・・・・?
俺顔真っ赤。
落ち着け俺と、冷静に抜け出そうとする。
が、咲夜さん、俺を抱き締める。
いやちょっと咲夜さん!?
で色々あった末、俺が寝れたのは三時間ぐらい後でした。
とりあえずまだまだ続くのでここで一旦終了。
次に続く。

88 :名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 13:42:21 ID:og03X8YQ0
続きー。
朝。
俺は起床。
もちろんまだ夢の中。
俺は起きて着替えてリビングに登場。
皆飯食ってる。
母、ご飯と味噌汁とおかず。
父、母と同じ。
咲夜さん、何故かパンと紅茶。
俺、パンのみ。
そして今日は校外学習の日。
俺出発。
で、バスに乗る。
俺は一番前の運転手の隣に何故か座った。
そしたら運転手が俺の友達だった。
チラッと隣の席を見たら咲夜さん座ってるし!
俺はチラチラ咲夜さんを見ながら到着。
着いた所は映画館でした。
何故と思いつつ咲夜さんに着いて行く。
咲夜さんは映画館の中にある保健室というプレートがある部屋に入ろうとする。
俺もそれに着いて行く。
そしたらエアロバイクに乗ってるひぐらしに出てくる例のカレー先生が居た。
そしたら何故かバトルに。
俺、体力、2489。
咲夜さん、体力、9999。
咲夜さん強っ!
俺の攻撃!カレー先生に85のダメージ。
カレー先生の攻撃!俺に2489のダメージ!俺は死んでしまった!
先生TUEEEEEEEEEEEEE!
咲夜さんの攻撃!先生に865のダメージ!
カレー先生の攻撃!咲夜さんに9999のダメージ!
咲夜さんは死んでしまった!
TUEEEEEEEEEE!
全滅した!
目覚めたら保健室の前に居た。
とりあえず体力を回復する手段を探そうとする。
そしたら咲夜さん、急に俺を抱き締めた!
そしたら急に俺と咲夜さんの体力が回復していく!
そして全回復。
おまけで何か俺の煩悩がかなり溜まった!って出た。
で、何も考えずもう一回挑戦。
俺、咲夜さんが居る限り無敵!
咲夜さん、俺が居る限り無敵!
って、これ最強じゃん!
カレー先生の攻撃!俺はダメージを喰らわない!
俺の攻撃!俺の煩悩が弾けとぶ!
俺の鼻血ブラスター!
カレー先生に9999のダメージ!
うわ・・・何このダメージ。
しかもまだ生きてるし。
咲夜さんの周りの時が止まる!
時が止まった!
咲夜さんの攻撃!
大量のナイフが咲夜さんに集う!
ナイフが発射された!
カレー先生に無限大のダメージ!
カレー先生を倒した!
で、最後の抵抗で俺先生にどっかに飛ばされた。
俺の運命は如何に!?
すまんがまだ続く。

89 :名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 14:23:42 ID:og03X8YQ0
続き。
目覚めたらマリオみたいなステージで!前には物凄い数の階段が!
後ろを見てみると何故か射命丸?が倒れてた。
俺は起こすと、射命丸はひょっこり起き上がり、一段一段ジャンプして登っていく。
その際にチラチラパンツが見えるのは気にしないことにした。
俺も登っていく。
で、ようやく頂上に到着。
そしたらスターが15個ぐらい出てきて、とりあえず半分の七個ゲット。
そしたら何でかムスカが出てきて、俺は即効溜まってた煩悩を弾けさせ、
鼻血ブラスター発射。
ムスカは落ちた。
で、気づいたらバスの中に居て、同じ所に座ってた。
隣の席を見たら咲夜さんは居なかった。
ああ・・・もう行っちゃったのか・・・。
って俺は考え、家に鬱りながら帰った。
そしたら咲夜さんが居て、え!?何で居るの!?
って聞いたら、
「お嬢様がもう少しこの世界について調べるように頼まれたので。それと・・・。」
それと?って俺が聞いたら。
「ここが気に入ったので。」
って言った。俺思わず咲夜さんに抱き付く。
でも咲夜さんしっかり抱き締めてくれた。
で、最後に場面が変わって、
遠野家のある日ってなって。
メルブラの遠野家で、荷物が届いて開けたらお嬢様が入ってた。
で、終了。
糞長い上微妙な夢ですまんかった。

90 :名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 14:38:28 ID:bP3JIspQ0
ゆっくりしていってね、まで読んだ

next
prev
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|