※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

67 :名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 07:53:17 ID:b/s1pPOM0
何故か俺と魔理沙が同居してた。
どうやら、俺は東方サッカーのチームの監督で、魔理沙はキャプテンらしい。

ある日の事。
何故か魔理沙が昼になっても起きてこなくて、起こそうとしたが起きる気配もない。
仕方がないので放置してたら玄関のドアのノック音が。

開けてみるとそこにはパチュリーが。

「その・・・魔理沙は?」
「あー、どうしてかは知らないが熟睡中。用件があるなら俺が聞くけど」
「えーっと、魔理沙のチームに入れてもらいたいのだけれど・・・」

その言葉を聞いた瞬間、俺はパチュリーの手を取っていた。

「是非とも入ってもらいたい」
「え・・・・・・え?」
「何を隠そう、俺は魔理沙のチームの監督だ。
魔理沙からの進言はあれど、権限そのものは俺にある。つまりは、そういうことだ」
「そ、そう・・・じゃあ、後で魔理沙に言っておいてくれる?後で紅魔館まで来てくれ、って」
「あぁ、言っておくよ」
「それじゃ、また後で」

内心俺は最初マスブレトリオktkr(どうやらアリスもチームにいるらしい)とか思ってた。
で、後になって『どう考えても三角関係です、本当にありがとうございました』とか思うようになった。不謹慎だな、俺・・・

で、起きてきた魔理沙にパチュリーの用件を伝えると魔理沙はブレイジングスターで紅魔館へ飛んでった。

その後、妙に疲れていたらしくベッドにもぐりこんだところで目が覚めた。

パチュリーの手ってちっちゃくて柔らかいんだな。妙に感触が残ってる

next
prev
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|