※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

913 :名前が無い程度の能力:2007/10/17(水) 06:52:49 ID:fV45mzfE0
要約すると忘れそうなので、出てきた台詞そのまま書く。

レミリア「ごきげんよう」
俺「ん?レミリアじゃないか。どうやってこっちに来たんだ?」
レ「パチェに薬を作ってもらったのよ」
俺(論点ずれてるし。結界の外を出ないとこっちには来れないはずだが)
レ「パチェったら、薬を作るために自分の血を使うんだもの。驚いたわ」
俺「おいおい、パチュリーは大丈夫なのか?」
レ「死んだわ」
俺「おいこら」
レ「おかげでこっちの世界に来ることができたんだけど、何もできないわね。
  飛ぶことすらできなかったわ」
俺「それはこっちの世界の制限でもかかっているんじゃないか」
レ「さあ?でも、日光に当たっても平気なのよ」
俺(なるほど、世界自身がレミリアの存在を受け容れたってわけか)
レ「それでその辺を歩いていたら、みんな私の後に付いてくるのよ」
俺「おい、みんなって…」
レ「入ってらっしゃい」
俺「ちょ…こいつ、この前逮捕されたばっかりの××だろうが!」
レ「誰?知らないわ」
俺「他の奴らも捕まった奴ばっかりじゃねーか。
  ってお前ら、こっちくんな!」
レ「…楽しそうね」

運命を操る程度の能力だけは、ちゃんと持っていた。

のんびり
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|