※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

892 :名前が無い程度の能力:2007/10/11(木) 21:44:37 ID:Y2UDsQSU0
 >>891
何もかもが強烈過ぎるw
お前日頃からゴルゴ13読んでないか?


この間見た夢
最初は巨大な化け物と一緒に戦っている。
戦っているのは俺と鎧を着た騎士二人組の計三人。
そして後列から支援しているのが霊夢だった。
服はいつもの巫女装束にスリットが入ったような感じ。
で、化け物を倒し、戦いが終わるとスタッフロール…と一緒に宿星紹介。霊夢は天機星だった。
他の宿星は覚えてない。

ここで夢特有の場面転換に襲われる。登場人物は霊夢と俺のみ引継ぎ。
ちなみにこの時に霊夢の服装は普通に戻っていた。
今度は何か追っ手に追われているという設定のようで、夜行の列車に乗ってヨーロッパまで逃げるんだけど、
俺たちは敵の目を欺くため、スーツケースに入り、荷物に紛れ込んで列車に入ることに。
気づかれずに列車の中に入ることに成功し、スーツケースから出ると…霊夢の姿だけが見えない。
彼女だけ、ケースから出損ねてしまったようだ。急いで探す事に。
霊夢の入ったケースを収納場所(目的地のヨーロッパに着くまで出されない)にしまわれそうな所をギリギリで救出。
ケースから出してあげるなり、霊夢は「やだー!!」と大泣きで飛びついてきた。
顔は涙でくしゃくしゃになっていて、相当泣いたらしい。

お礼なのか、霊夢から桃色の「春」ガムを貰う。
「これ、何?『しゅん』ガム?」と、俺が聞いてみると霊夢曰く
「『そう』ガム」とのこと。どう見ても『しゅん』じゃないか…
と、違和感を感じたところで目が覚めた。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|