※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

578 :名前が無い程度の能力:2007/06/03(日) 13:02:07 ID:AHE..WRE0
夢の中で俺は理由は分からないが敵に襲われていた。
こちらの手勢は俺と妙にマッチョな女(ドラクエのハッサンに女制服着せた感じ)だけで、
敵側のいかにも悪の戦闘員っぽい連中はあっというまに俺達を取り囲む。
抵抗らしい抵抗もしないまま、夢の中の俺が「ああ……やられる!」と覚悟したところ、
そこに乱入する一人の影。
そしたら次の瞬間、俺は霊夢に抱きかかえられていた。お姫様抱っこで。
周りを囲んでいた連中はいなくなっていたので、おそらく霊夢が全部倒したのだと思われる。
ついでにマッチョも消えていなくなってたけど、そこに関しては何にもツッコミなかった。
霊夢は登場してから一言もしゃべらなく、俺を抱きかかえたままフッと微笑む。
なんか渋くて惚れそうになった。が、そこで気づく。
今までの格好の良い展開で気づきにくかったが、
霊夢さんの平坦な胸はそれ以前の問題と言わんばかりに、完全に消失しておいででした。
つまりは、この霊夢は、野郎……?

そこに気づいた時に目が覚める。
目が覚めてから少し考えた。
やけに女役やってる俺、マッチョな女、カッコイイ男になっちゃってる霊夢。
……そういう夢かよコンチクショウがぁっっっっ!!

非現実

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|