※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

544 :名前が無い程度の能力:2007/05/22(火) 21:45:54 ID:4/KnygmY0
田舎の大きめの公園で、チルノルーミアと一緒に漫画雑誌を探す夢を見た。
その公園、今では大きいスーパーが建ってるんだが、
夢の中ではスーパーは無くて、子供の頃の大きな原っぱだった。
そんなススキが沢山ある原っぱで、必死に雑誌を探す俺達。
俺自身もその頃の様に子供だった気がする。

見つけた雑誌が
俺:「幻想郷であった笑える本当の話」
チルノ:「まんが倶楽部オレンジ」
ルーミア:「かりあげくん特集」
何故か四コマ漫画ばかり。

チルノ「ふふん、たいりょーね!」
ルーミア「たいりょーなのかー」
俺「それじゃ、秘密の隠し場所に隠すぞー」

そういって公園の中にあった倉庫を開けて、拾った漫画を隠す俺達。
その倉庫の中は、今まで3人で集めたのか、沢山の漫画雑誌が詰まってた。

以降の夢の記憶は無い。
…急に昔の友達とか思い出しちまった…

ムーディ


545 :名前が無い程度の能力:2007/05/22(火) 23:46:37 ID:oNNF0nxA0
たぶん図書館
ものすごい広くて、本棚が自分の身長3人分くらいいるんじゃないかという高さだった。
すいむそうのヴワル魔法図書館みたいな感じでで、薄暗かった。

目の前に小悪魔がいて何故かセーラー服着ててスカートの裾を両手で掴んでた。
顔は俯いてたんだがモジモジした感じで「あ、あの実は前から…」?みたいなことを言ってて
首元スカーフをしゅるしゅるはずしていったんだけど
気づいたら右手だけ筋骨隆々の小悪魔にボディブローをモロにいれられて息ができなくなった。
起きたら寝汗がすごかった…。

カフカ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|