※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

464 :名前が無い程度の能力:2007/04/21(土) 11:05:40 ID:z9O3juYQ0
夢に東方キャラなんて出るわけないだろww とか思ってたら出たからカキコ。

場所は自宅の和室。自分は自分だった。家の外は暗かった。
布団かぶって寝てたら、急に息苦しくなった。そのうち耳鳴りがしてきた。
吐き気もするわ、耳鳴りが酷くなってくるわで発作でも起きたのかと思ってた。
そのうちドアが開いて、そっちへ向いたら、妖夢が憂いを含んだ表情ででこっちを見ていた。
喋ろうとしても呼吸さえ満足にできない状態。体も苦しさに悶えるのに精一杯で動かない。
妖夢の口がまごまごと動いてた。でも耳鳴りで何も聞こえない。
そのうち見えてるものが残像を伴うようになった。妖夢の顔さえ見えない。
迎えが来るには早すぎるだろ、っていう悔しさと白玉楼に連れていってもらえる喜びと、二つの気持ちがあった。

目が覚めたら体中汗だらけ。リアルで耳鳴り。息荒い。みょんラブだけど夢見悪かった。

463なんという幽々子様。間違いなく飲食店の店員に不向き。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|