※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

427 :名前が無い程度の能力:2007/04/04(水) 01:52:13 ID:lvsM/V4k0
もうひとつ。

場所は神社。時間は夜。
神主?が空を見上げるように前で立っていて、
自分は縁側にすわっていた。
そして神主がぼそっと一言。
霊夢は一度妖怪に食べられてしまうべきだ‥‥」

神主はなぜか巫女服だった。

な、何をするつもりだ……うわー!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|