※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

373 :名前が無い程度の能力:2007/03/09(金) 15:45:22 ID:p70YyLaE0
自分の家に妹紅?が住んでいた。
どこかへ行くとき、妹紅に車に乗せてもらって
なぜか三段の乳母車を車に積んでいた。
そしたらご近所に3人の子連れの人がいて(なんとなく三妖精に似てる)
その子達を乗せた。その後乳母車をあげないかという話になり
妹紅、慧音?チルノとかと話して
チルノ「あたいはもうどうでもいーやー」
慧音「あげていいと思うぞ」
んで妹紅がなぜか詩みたいなの作って俺を説得しようとしていたが、
俺もあげていいって言ったのでその詩は無駄に。
そして乳母車をご近所にあげてめでたし。

のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|