※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

176 :名前が無い程度の能力:2008/01/03(木) 22:59:25 ID:7fGQg4p60
森の中を俺が歩いてたら、はるか前に肩手に何かを持って歩いてくる人影があっ
た。

俺は別に気にしないで歩き続けた。
そして前からくる人影を誰だか確認する事が出来る距離まできた。

その人影は赤い目をしてメイド服を血でほぼ真っ赤に染め、手にはナイフを持っ
咲夜さんだった。

俺は怖くなって来た道を走り出した。

しばらくして走るのを止め、後ろを見るとあの咲夜さんはいなかった。

おれはそこで安心した。
でも俺の後ろの方で何か滴が落ちる音がした。
俺が振り返るとそこにさっきの咲夜さんがいて、口から血が少し流れてた。
そして咲夜さんは何か言葉を喋ったがあまり聞こえなかった。

咲夜さんが俺に襲いかかってきた所で目が覚めた。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|