※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

169 :名前が無い程度の能力:2008/01/02(水) 23:45:49 ID:SKbvSGeM0
初夢にちょっとだけゆかりんが出て来た。
むしろと一緒。


何かゲームの世界のような「入口が無い長高層ビル」が沢山ある世界で、
急に災害があるから避難する事になった。
しかし俺と周囲の人は「避難所に行っても助からず、街には核が打ち込まれる」という事を何故か知っていて、
ヘリで逃げる事になった。

俺はヘリに乗れなくなりそうなのにトイレに行きたいからと家に帰り逃げ遅れたが、
何故か某海馬社長が社長の嫁ジェットで助けにくる。

ジェットに乗ろうとしたらめーりんがいきなり弾幕を展開しジェットが半壊。
社長が青眼を召喚してめーりんを吹っ飛ばすも脱出手段は無い。
      • って所でスキマに引き込まれる。

いつの間にか社長は消えていて、俺はマヨヒガで暮らす事になる。
しかしいつの間にかマヨヒガに来た理由が修学旅行になっていて、
橙と一緒に肝試しに参加。
怪現象から逃げる内に変な部屋からサイレントヒルみたいな錆た世界にワープ。
何とか化け物を倒したりパズルを解いて帰還。

屋敷中にうどんげ?が張り巡らしたワイヤートラップが仕掛けられておりてうぃ?が引っ掛かってた。

自分が引っ掛かったのは爆弾で、
ゲームばりに吹っ飛んで痛くて動けない。
うどんげが両手で俺の頭を抱え、無理矢理眼を合わす。

      • で夜中に眼が覚めた。
でも二時間しか経ってなかったよ。

カオス
カフカ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|