※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

156 :名前が無い程度の能力:2008/01/02(水) 07:14:18 ID:14T5u3VU0
真っ暗闇の空間の中にいてさ、重力もなくて手の感覚も足の感覚もなくて、ただ目ん玉と脳だけが空飛んでる感じ
そんでいくら手を掬ってみてもさ、感覚が全然しないしさ、周りに物も何にも無いしさ、だんだん不安になってきたわけ。
うおーっつってもーとにかく闇の中を飛んでたんだけどさ、そしたら魔理沙が箒に乗って一直線に飛んでるのが見えてさ、
なんかもうとにかく魔理沙に触りたくなって手の触った感触を取り戻したくなって魔理沙を捕まえたくなったわけ。

んで魔理沙をグイって掴んで捕まえてさ、押し倒してさ、馬乗りになってさ、どこを犯してやろうかってなった時にさ、
魔理沙が悲しそうな顔してこっち見ててさ、目に涙浮かべててさ、抵抗できないくせにこっち見てたんだよ。
そんでなんか急にカーッて嬉しくなってきちゃってさ、とにかく魔理沙の胸を揉みまくったんだけど、
手の感覚が取り戻せなくってさ、感覚が無くってさ、気持ち良くもなんとも無くって。

して見たら、魔理沙が同じ表情のままで消えかかってて、手が半透明の魔理沙の中を貫通しててさ、
魔理沙の胸をとにかく揉み揉み揉み揉みやってたんだけどさ、やっぱりスカッスカッってなるしさ、感触も全く無くってさ、
胸が酷くなるほど不安になっちゃって、やべえって思って、うわーって目が覚めた。

覚めた後不思議にめちゃくちゃ爽快だったなー。


157 :名前が無い程度の能力:2008/01/02(水) 08:35:05 ID:t60d9kHoO
 >>155
乙かれいむ
私は見ちゃいました!
慧音?先生との初夢。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|