※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

102 :名前が無い程度の能力:2007/12/20(木) 12:11:19 ID:zsEd2MrU0
マヨイガにある家屋の縁側に座っている。
自分の右側にゆかりが座って腕を絡め、左側にが座って腕を絡めている。
そして膝の上にが座って、自分の両手首を掴んでいる。3人と非常に密着状態である。

一体、どういう状況なのかとゆかりに訊ねると、
「あなたは今日の晩御飯になるの。だから最期に良い思いをさせてあげようとしてるだけよ」
と、こたえた。
ああ、そうか。それなら納得した。
そう、返答すると、潔いと思ったのか自分が自然に死ぬまで待ってくれるとのことだった。


1ヶ月が経った(という感覚)
膝の上の橙は動かなくなっていた。左から藍のすすり無く声が聞こえる。ゆかりはただ前だけ見てた。
ちなみに自分は元気だ。


さらに1年が経った(という感覚)
藍が今日か明日ではないかと思えるほど呼吸が弱い。
「あなた、しぶといわね」
ゆかりがようやくしゃべった。
「ええ、なんかそうですね」
そうこたえた所で目が覚める。

ちなみにまだまだ元気だった。

幻想郷
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|