※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

96 :名前が無い程度の能力:2007/12/11(火) 09:39:29 ID:1CgKeIGE0
グロいです、注意。

けーね?と俺は縁側で一緒にのんびりしていた。
寝転がって、ふと天井を見ると30cmはありそうな巨大なカマキリが真上にいた。
「大きいね」みたいなことを話している時にそのカマキリが
小さなカマキリを鎌に抱えていることに気づいた。
エサかな? なんて考えていると、カマキリがそれをバリバリと食べだした。
真上にいるので、俺の顔に体液がかかり、さらにハリガネムシまで落ちてきた。
そのハリガネムシが俺の体に入っていって、「ギャー!」ってところで目が覚めた。

けーねあんまり関係ないな… すまん。

カフカ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|