※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

28 :名前が無い程度の能力:2007/11/19(月) 20:40:03 ID:4CpR9Kek0
先日40度近い熱を出して倒れたときに見た夢

俺は大きめの岩がゴロゴロしてる川原にいた
少し離れた場所に巨大な鎌を持った赤い髪の女が手を振っていた
それが小町?だと解った俺は、ここは三途の川、じゃあ俺は死んだのか?
と、考えている内に怖くなって逃げ出したが、誰かに首根っこを掴まれた。
小町「こらこら、どこいくんだい」
小町だった。どうやら距離を操ったらしい。話によると、俺は高熱で帰らぬ人と
なったようだ。
小町「残念だったね。まだ20も生きてないってのに」
軽い口調で言われる。
小町「でもまぁそんだけお金持ってれば向こう岸まで1分とかからないね」
気が付くと俺はたくさん金を持っていた。
小町「そのお金は生前のステータス。他人に尽くしたり尽くされたり、要するに人徳さ
まだ若いのに凄いねお前さんは。まま、心配しなさんな。そんだけ善行積んできたんだから
確実に転生できるよ」
俺「待てよ。結局俺は死んだんだろ?じゃあもう家族とか友達とかには・・・」
小町「そりゃあ、ね。あー・・・ちょっとクサイけどさ、あんたはみんなの心の中で逝きつづけてる
んだからさ。悲しむ必要はないんじゃない?」
俺「でも・・・」
ぐずりだす俺。
小町「あらら・・・見た目に反して脆いのね。おーよしよし」
そう言うと優しく抱きしめられた。そこで俺は号泣。しばらくそのまま泣き続けた。
小町「大丈夫かい?」
俺「・・・ごめん。もう、大丈夫」
小町「そっか。じゃ、あたいのタイタニックに乗っとくれ」
船に乗ってからは特に会話は無かった。それに対岸までは1分もかからなかった。
小町「着いたよ。お疲れさん」
俺「世話になったね」
小町「いやいや。じゃそこのドアを入ると閻魔様がいらっしゃるから、しっかりね。
縁があったらまた会おう」
そう言って小町は戻っていった。俺は重々しいドアを開ける。すると奥にヤマさんが座っていた。
ヤマ「ようやく来ましたか。意外と遅かったですね」
俺「えぇ、まぁ」
ヤマ「ここまで来てもらって申し訳ありませんが、貴方の死は間違いです」
俺「・・・は?」
ヤマ「ですから、間違いです。こんなところで死ぬ人間ではありません。ということで
現世に帰ってもらいます」
俺「えーっと・・・詳しく説明してほしいんですけど」
ヤマ「忙しいので却下します。では」
その瞬間景色が暗転。気が付くとベッドで寝ている俺を空から見下ろしていた。(幽体離脱みたいな感じ)
寝ている俺の周りには友達らが泣きながら俺の名前を呼んでいる。すると突然隣に神主?が出現。
神主「何をしているんですか?早く起きなさい。みんな悲しんでいますよ」

言われ、背中をトン、と押された所で眼が覚めた。

神主がかっこよすぎる

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|