※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

339 :名前が無い程度の能力:2007/03/01(木) 02:59:02 ID:9A6Z4VJ20
周りに量産型てゐ?が多数出現。何故かみんな一方向へ駆け出す。
俺もそうしなきゃいけないような気がして、一緒について行った。
周りは廃墟で所々竹林があって、雪が舞っていて遠くは見えない。そして突然起こる爆発音。
前方のてゐ軍団が吹き飛ばされ、同時に激しい銃撃戦の音。てゐ達は小銃やらマシンガンを手に応戦を開始。
気がつくと俺もライフルを手にしていた。すぐ近くで爆発が起こり慌てて物陰に隠れる。
「Go!Go!Go!」「敵兵発見!」「衛生兵!衛生兵!」
自分はヘッドセットをつけてるらしく、無線の交信が聞こえる。すべて英語だが何故か日本語として解釈。
俺の英語レベルすげーと感心してたら、爆発の直撃を受けたらしく仰向けで空を見あげてた。
何故か痛みは感じなかった。あと10秒の命かぁ…とあきらめてたら、永琳?様が現れ蘇生してくれた。

「ここに回復キットがあるわ」と薬箱をそばに、そして「ここに弾薬があります」と、うどんげ?が弾薬箱を置いて
二人は颯爽と前線に消えていった。師弟コンビカッコイイぜ…で…弾薬箱の中身は座薬がぎっしり…
「ちょwこれ弾薬じゃねぇぇぇww」とツッコミを入れながらも、冷静になって銃のスコープを覗く。
スコープ越しに赤い文字で「Marisa」「Marisa」とコメントが打たれた魔理沙がぴょんぴょん跳びながら接近中。
敵は量産型魔理沙かぁと感心しつつ、「敵兵発見」「発見」とつぶやきながら引き金を絞る。
最初眉間に狙いをつけたが、アップの魔理沙の目にとても撃てず…狙いはすべて帽子。
帽子を撃つと1発で倒せるのがわかってて、数人魔理沙を倒したところ「昇進ね」とHUDに笑顔の輝夜様AAが
表示された。

340 :名前が無い程度の能力:2007/03/01(木) 02:59:32 ID:9A6Z4VJ20
前線のてゐ達を援護しなきゃと、スコープの狙いを変えると飛び込んでくる無線の声。
「敵ウォーカー出現!」
その方向をスコープ越しに見ると遊園地のエアートランポリンのような巨大魔理沙…
こんな( ゚д゚」顔で、ぶよんぶよんと歩き回って目から極太レーザーを放射。
前線のてゐ達がなぎ倒される。「好戦的だ!」無線の声。
「好戦的ってレベルじゃねーぞ!w」…無理だよ…あれ…。
たまに巨大魔理沙がこっちを向いて(゚д゚)な顔をするので慌てて隠れて「こっち見んな!」とつぶやく。
スコープの狙いをややずらすと、巨大魔理沙に負けないぐらいの巨大レティ発見。青文字のコメントなので
「うぉ!友軍ウォーカーはレティか!!こいつは極上だぜ!」と感心してたらそのままエアートランポリン同士
の接近戦に突入。何故か両機の周りに土俵が表示され相撲になる。スコープ越しにレティを応援…
レティが豪快な上手投げで巨大魔理沙を土俵外に放りだすと巨大魔理沙大爆発。
「さすがレティだ!魔理沙相手になんともないぜ!」と思ってたら、「あたいったら最強ね!」と
川上とも子?の声で無線に歓喜の声。巨大レティの上で万歳のポーズを取るチルノ

ああ、パイロットはチルノだったのか…でもそんなことしてると撃たれるぞ…と思ってた矢先狙撃される…。
「やっぱ⑨だ…だめじゃん…」とボヤキながら自分の職務を思い出す。スナイパーなるものこんなとこで篭って
たら芋虫呼ばわりされる…と横を見たらリグル?が同じくうつ伏せ銃を構えたままこっちを見上げる。
「芋虫っていうなぁぁぁ!」…いや、そんな泣き顔で言われるとこっちも辛い…。
銃弾が残り少なくなったので、うどんげが残していった弾薬箱に手をつける。「ボルタレン20mg」と書かれた
弾薬?のアルミシールを剥がしながら銃に装填。座薬って体温で溶けるからなぁ…と注意しつつスコープを再び
覗くと、ターゲット発見。岩の陰に黒い服の端。
「まる見えだぜ」と引き金を絞る…命中!
ルーミアを殺傷した」「チームキルで罰則を受けました」
「えええぇぇぇぇぇ!すまん!!ルーミア!!悪かったぁあああ!」
心底謝ってたら、そばにルーミア出現。
「なんてことするのぉぉぉ!私に…私に座薬なんてぇぇぇぇ!」マジ泣きで飛び掛かってくるルーミア。
「ごめん!謝る!食べないでぇぇぇ!!」

……ここで目が覚めた。心臓がバクバク…目覚めは最悪。
原因は判ってるんだ…最近手を出したFPS。しかしこうも完璧に東方が絡んで来るとは思わなかったので、
テキストに起こしてみた。今思うと久々の良夢?だったかも。
でも、ルーミア撃っちゃったところでその日一日かなり鬱でした…orz。

カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|