※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

322 :名前が無い程度の能力:2007/02/24(土) 11:03:16 ID:xxepFAus0
学校帰りに友人たちと作業(近所の撮影?)をしている俺。
しばらくそれに従事していると夕闇が迫ってきて、そろそろ帰ろうか……という事で皆と解散する。

その夕焼けの中一人帰ってくると、誰かかメールが。(着信音は三国志大戦のUC曹仁撤退ボイスだった)
見ると差出人は『八雲 』。
文面には簡潔にこう書かれていた。
「貴方はXi(恐らくネウロのだろう)に狙われている。夜道には気をつけて」
と。それに呼応するかのように、辺りが一気に夜そのものになる。

それでもどう気をつけていいものか分からないので、とにかく家に帰る事にする。
――と、次の瞬間!
急激な悪寒を感じた時には、俺は既に走り出していた。ざざざ、と聞こえる後ろからの足音。ちっ、という子供の声も聞こえた。
そこから俺は逃げまくる。後ろを見ずに、ただ延々と。

紆余曲折あって(遊興ビルの中で追いかけっことか、うちの親父を囮にしたりとか)、なんとか帰宅完了。
何となく携帯を見てみると、新着メールが二通。どちらも送り主は『八雲 紫』。
一通は何も書かれておらず、動画ファイルのみが添付してある。見てみると俺がXi(らしきもの)から逃げている様子を第三者視点で撮影したもの(5秒間くらい)。
もう一通は内容は忘れたが、何だか世間話っぽいもの(文面だけ妙に可愛子ぶってた)。
どうやら寂しく一人で帰る俺の気を紛らわせようと世間話を展開したその瞬間にXiが現れて、その後は必死で撮影していたらしい。
ここまで悟ったところで、夢は終了。他にも色々あったけど重要な面だけを書き起こしてみた。


初めて東方キャラがでてきた夢なのに、メールだけとはそりゃないですよゆかりん。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|