※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

301 :名前が無い程度の能力:2007/02/20(火) 22:06:12 ID:a9YhzwrA0
昨日見た夢。

朝、目を覚まして風呂入ろうとしたら既に誰か入ってた。
誰が入ってるんだろうかと思っていると、
「○○(俺の名前)?すまんな、先に使わせてもらってるぞ」
様の声がした。
よし、二番風呂は頂いたなどと思っていると、くしゃみが出た。そしたら
「寒そうだな、なんなら一緒に入るか?」
って藍さまが言ってきた。
いやっほーぅ!藍様最高ーーッ!!って心の中で叫びながら風呂場のドアを開けた。
そしたら頭の上にタオル置いた藍さまが微笑みながらこっち見てた。
ああもう藍様可愛いよ可愛いよ藍様って心の中で呟きながら髪洗って体洗おうとしたら
「○○。背中流してやる」
って言って藍様が背中に寄り添ってきた。
意識が飛びそうになったけど背中を洗ってもらう事にした。
やけに肌触りのいいタオルだなーって思ってたら藍様の尻尾だった。

体洗い終わったら藍様は「じゃあまた後でな」って言って風呂から出て行った。
なんかとても幸せな気分で風呂から出たら何故か駅前だった。
そこでkanonの美坂栞の服着た文?にナイフで刺されて目が醒めた。


藍様の声がもの凄いどこかで聞いた声だったんだけど思い出せない。

のんびり
真冬にアイスなんぞ食ってんじゃねぇ文々丸

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|