※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

78 :名前が無い程度の能力:2006/12/20(水) 19:34:10 ID:P00QMyaA0
77
つまり実家にメディがいるということですね

信号が赤。横断歩道の先にはおじいさん。
サイドを妖夢が固めている。車はぜんぜん来ないから声が聞こえる。
妖「どうかしたんですか」紫「どうなさったの?」
おじいさん無反応。二人は前かがみになり、おじいさんをナナメ下から見上げる姿勢になった。
妖「どうしたんでしょう」紫「どうしたのかしらね」
信号が青になる。歩き始めた自分を、颯爽とモデル歩きで追い抜く魔理沙
3人に気づいて早足になる。おじいさんの傍に寄る。
魔「どうしたんだ?!」
あなた方そればっかですか。
どうしたんだ責めが3ループくらいすると、みるみるうちにおじいさんが若返った。
元おじいさん現おにいさんは、スーパーマンみたいに空を飛んでいった。
唖然として見送る自分に駆け寄る3人。
「「「どうかしたの」」」

怖ぇよ。

カオス
不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|