※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

68 :名前が無い程度の能力:2006/12/18(月) 22:14:26 ID:s.lDb4kM0
自分とてるよ?がドトールにいた。
小さいテーブルに向かい合って座っていて、
てるよはつまらなそうに左手で頬杖をつき、何も喋らず、
横を向いて目を合わせてくれない。てるよは何も飲み食いしていなかった。
自分はコーヒーが苦手にも関らず、アイスコーヒーを飲んでいた。
砂糖とミルクを入れたのだが、やはり苦手だった。
自分「にが」
てるよ「しょうがないわねぇ」
てるよはまったくこちらを見ないまま、右手をごそごそしたかと思うと、
コーヒーのコップに黒くて丸いものを何個か入れてきた。
自「な、なに?」
て「チョコレート」
自「チョコレート?」
て「手作り」
トリュフチョコレートだった。てるよはまた喋らなくなった。
コーヒーを飲んだら甘かった。
「いやいや自分、コーヒーが甘くなったんじゃないんだぜ?
甘い雰囲気感じてるんだぜ?てるよに萌えてるんだぜ?」
「つーか、チョコをポケット直入れですか、てるよさん?」
などと考えているうちに夢終了。

のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|