※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

19 :名前が無い程度の能力:2006/12/09(土) 16:15:21 ID:6BQfF3h6
チルノがロボット(過武装で横長、コックピットが剥き出し。ダサい)に乗って霊夢と話していた。
霊夢「本当に行くつもりなの?今のあんたじゃ勝てないわよ。」
チルノ「それでも闘うしかないの」
霊夢「そう……それなら好きにしなさい。」
どうやら何かと闘うつもりらしい。
チルノ出撃。すぐに敵のいる場所に到着した。
そこにはロボ(チルノのよりも過武装。ダサい)に乗った敵と、執事らしき人がいた。
敵は一通り武器の自慢をしてから、
敵「お前を殺すならこれだけで充分だ。」
と言って、チルノの前に火炎放射器を突きつけた。
執事「坊ちゃんは本当に残虐なのがお好きで……ホホホホ」
敵は本音が言いたくなるガス(意味不明)を撒いた。
敵「どうだ?土下座して命乞いすれば、命だけは助けてやらんことも無いぞ」
チルノ「いやだ。こんなのつまんない。こんなことより殴り合いで決着つけない?」
執事「ヒャッホーウ、やれやれー!
    ―――ゴホン、そんなの認められませんよ。」
敵「ほう、この状況でまだそんな減らず口が叩けるか。
  いいだろう、爺もああいってることだし、その挑戦受けてやろう。」
と言ってコックピットから降りてくるチルノと敵。ロボ意味ねぇ。
二人は殴り合いを始めた。結果は「れいとうパンチ」でチルノの勝ちだった。


訳がわからん。とりあえず霊夢がいい感じだった。

カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|