※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

98 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/01/25(水) 12:46:43 [ m1HiWwng ]

俺は華想夢葛なる人物に会うために方々を旅して回っていた。
ある居酒屋(実際は賭場同然)で情報収集をしていると、
机にまたがってヤグザに喧嘩を売っている、20代前半の着流しに刀持ちの男が居た。
すると、さっき俺の隣でソーダを一気飲みしていたガキんちょが 「あれって夢葛なんじゃね? 」とたずねてきた。
妖夢じゃないからどうでもいい、と思って適当に 「ああ、そうだな。」 と相槌をうったら、
「マジで!? 俺、ファンなんだ!! あんた、ちょっと聞いてみてよ! 」 と急にまくしたててきた。
どう見ても夢葛じゃないだろ、と無視していると、
「はやくしろよ! 行っちまうだろ!! 」 とせかしてきた。
うるせえな。俺は美鈴みたいな人を期待してんだよ。野郎に用は

のところで目が覚めた。夢葛って結局誰のことだったんだろう?

カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|