昭和40年代後半、「ライダースナック」というお菓子が流行していた。
それはスナック菓子に当時人気だった仮面ライダーのカードが、一枚おまけとしてついているものだったが、カードを得たらお菓子は捨てるというのが当時問題になっていたのだが、ここ清○市の小学校の帰りの会でもそのことが話されていた。

 先生が「最近おかしを食べずに捨てているという話を耳にしました。食べ物を粗末にするのはよくありませんから、気をつけましょう」と言った後その勢いで、○子等数名の女子から「そうだよ!数十円とはいえもったいないんだよ」の言葉に
黙ったまま俯くしかなかった男子達その中できらりと目を光らせる人物がいた。(女子が先生にちくったんだな・・・)○野君だった。その日の放課後、花○君と○尾君を除く男子が○野君の家に集まっていた。長○川○太君も、う●きつ●し君もいた。
「どうやら女子が先生にちくったらしい・・」「ただ傷めつけても面白くない、思いっきり辱めて泣かしてやろう。」「とはいえ全員だと大変だから、一番うるさい○子、○子を誘い出すために「ほな○」、そして「城○崎」も外せないし、思い出せたらどっかで永○君といいことしていた子も加えよう」「○子には、姉ちゃんもいるし、ほなみのお母さんも綺麗だしな・・・」
 

  ある日の放課後、最初の獲物をつれてくる○野君、永○君を除く十数名の男子が、視聴覚室の入り口から死角になるところに隠れて、潜んでいた。
 そこへ、○子が呼んでたと言ってつれてきたほな○と二人が入ってきた。ほなみが誰も居ない視聴覚室を見て、「○ちゃんはどこに居るの?」と聞いてきたので、○野君が「あっちの奥だよ」と促され歩いていった先にほな○が見たものは、下半身を丸出しにしていた十数名の男子達だった。ほな○は声も出せずに床にへたり込んでしまった。
 数十秒してようやく「どういうことなのこれは?」と聞いてきたので、○野君が「スナック菓子捨てたの女子が先生にちくっただろ。だからそのお礼に男子みんなで上の口も下の口も黙らせてやろうかとおもってな・・・」、
と言いつつ、手を伸ばしまだふくらみのない「おっぱい」を撫でていた。「お前ら手足おさえろ」と言うや否や見張り役を除いた皆で小さな身体のほな○を床に固定させた。そして、「やめで」と必死に許しを請うほな○の服を脱がしにかかった。まずブラウスを丁寧に脱がし中に着ていたポロシャツも脱がせていった。これで上半身はキャミソール一枚と「眼鏡」だけとなった。
 続いて下半身も脱がしていく。スカートを脱がし、靴下を脱がし、そしてキャミソールも脱がしていった。出てきたおっぱいは、やはりふくらんでなく小さな突起がちょこんとくっついているだけだった。とはいえそれをお母さんや姉妹以外では初めて見る男子からは、「かわいいおっぱいだね」とか「はやくさわりてー」とか聞こえてきた。まずは○野君と永○君が片方ずつさわってみた。
 どこで覚えたのか手のひらでおっぱい全体を撫でつつ指の先端で胸の小さな突起を嬲っていた。おっぱいをさわりつつ○野君が取り出した「平凡パンチ」のヌード写真をほな○に見せながら言った。「ほな○もその内これぐらいになるから楽しみにしてろ」と、泣きじゃくり抵抗していたほな○に言い放った。そして指先で嬲っていた乳首がかたく尖っていきコリコリという感触になってきた。それと同時に息遣いが変わってきた。「はあはあ」という息遣いに変わりときおり「あんっ」とか「うんっ」とかまじってきた「なんだ感じてるんじゃないかほな○、気持ちいいんだろ?」といいながら「眼鏡はありのまま見てもらうからそのままとして、最後の一枚も脱がしますか」と
待ってましたといわんばかりに皆から催促の声が上がった。もちろん○野君がイチゴ柄の白いパンツを脱がしていった。みんなの目に映ったのは細い糸のような割れ目だった。おっぱいを嬲られて感じたのかその割れ目はしっとりと濡れていた。「ようし!皆ちゃんと見てろよ」と○野君が小さく細い割れ目を開いて見せた。当然中の肉穴も膜もひだも肉芽も全てピンク一色であった。そして○野君が舌で肉芽を嬲りながら指で割れ目をなぞり○沢君は大人の中指ほどの自分の肉棒をほな○の唇にあてがっていた。
 ○沢君はほな○の口をこじあけるように肉棒を奥へとぶち込んだ。何度か出し入れしているうち激しく感じていたので下の方へ目をやると指を処女膜の手前で掻き回していた。
 ○野君が「おれもしゃぶらせたい」というので上下交代し○野君は自ら肉棒を取り出しほな○の口へぶち込んだ。
 そして、その肉棒を引き抜きほな○の初めての肉穴へぶち込んだ。処女膜を破る時はもちろん痛がったがおかまいなしに、いや、その苦痛の表情さえ楽しむかのように腰の前後運動を続けた。
 一方上の口ではもう三人目の肉棒を咥えていた。○野君は前後運動のピッチを早め「いくぞ おら!」の声とともに初めての肉壷へぶちまけた。
 その後上の口も、下の口も全員にぶち込まれ、呼ばれればいつでも欲望のままに犯される奴隷となった。


  ほな○が奴隷となって数日後呼び出し役の○野君と杉○君と○子が「ほな○が大変だ」ということで一緒に視聴覚室へとやってきた。
 二人に促され奥の方へ歩いてきて見たものは、全裸で上下の口に男の肉棒を咥え込んでるほな○の姿だった。○子が「たまちゃん!」「何これは」と振り向こうとした瞬間○野君と杉○君の二人に羽交い絞めにされた。
 ○野君が「ライダースナックのこと先生にちくっただろ」「まあその復習ってとこかな」「次はさくらおまえの番なんだ楽しみだぜ」
 というと手際よく○子の着ていた服を脱がし一気に全裸にして床に押さえつけた。○野君は○子のふくらみのないおっぱいを撫でながらほな○に「こっちに来て割れ目を舐めろ」の命令に躊躇うことなく○子の割れ目へ舌をはわせた。
 しばらくすると息遣いが変わってきて「あん」とか「くっ」とかもれてきた。○野君と杉○君は肉棒を取り出し○子の唇にあてがった。そしてそのまま口をこじ開け奥の方へと肉棒を挿入させた。
 そしてまず、ほな○に○子の顔の上で尻を向けるように命令しほな○の肉穴へ肉棒をぶち込んだ。○子にとってもちろん初めてのSEX、自分もしたことも見たことも無い行為を目の前で繰り広げられて今自分がされている恥ずかしいことも忘れて興奮していた。
 そして○野君は精子を○子の顔にぶちまけた。それとほぼ同時に杉○君の肉棒が○子の肉穴へとぶち込まれた。
 処女膜を破った時はもちろん痛がったがその後は激しく感じていた。親友の見たことも無い表情で悶えているのを見てもう押さえがきかなくたっているのだろう。されるがままになっていた。
 杉○君は何度もいかせた後ピッチを早め○子の肉壷へとぶちまけた。○子も男子の肉奴隷になった証だった。
 その後○子とほな○は上の穴も下の穴も男子が飽きるまでぶち込まれ男子が帰ったあと視聴覚室には精子まみれの二人が残された


  ○子を肉奴隷にしてから数日後○野君と杉○君は六年生の教室に居た。次の獲物の○子の姉ちゃんを呼び出すためだ。「○子が呼んでるから」と三人は視聴覚室に入ってきた。
 二人に促され部屋の奥に歩いていってみたものは、全裸で四つん這いの姿で上の口で肉棒をしゃぶり下の肉穴にも肉棒をぶちこまれている、○子とほな○の姿だった。
 「○子!」「たまちゃん!」と近づいた時十数名の男子によって床に押さえつけられた。「あいつらは僕達の肉奴隷なんですよ」「これからお姉ちゃんも肉奴隷になってもらいますからね」
と言いながら少しふくらみのあるおっぱいを擦っていた。
 まず上半身に着ていた服を脱がしていった。出てきたおっぱいは少しふくらんでいて、結構なおっぱいだった。それをもみながら突起を嬲ると「あんっ」とか声がもれておっぱいだけでも感じているようだった。
 そして、もうたまらんとばかりに下半身に身に着けていた、スカート、靴下、と脱がしていった。そして、最後に残ったパンツは○子に脱がせるように命令した。
 ○子は、お姉ちゃんの嫌がる声も聞こえていないのか躊躇いなくパンツを脱がしていった。
 そこに見えたものは割れ目そのものは細い筋のようだったが上のほうにはうっすらと陰毛が生えて濡れていた。割れ目を開いてみると肉穴も肉芽の肉ビラもまだまだピンク一色だった。
 そこを○子に舐めさせた。舌が肉芽に触れたとたん「あんっ」甘い声がもれた。舌が動くたび身体が弓なりになり悶えていた。
 ○野君と杉○君は我慢できんとばかりに、肉棒を取り出し唇にあてがい、そのまま口の中へと挿入していった。口の中の感触を堪能した後引き抜き、三人目四人目へと上の口はゆずり、
 ○野君は下の肉穴へぶち込んだ。○子の舌で感じてた身体は処女膜を破った痛みもあったが、もうどうにもならないといった感じで腰の前後運動にあわせてもだえていた。
 やがてピッチが早くなり、おねえちゃんはガクガクガクっと痙攣するように絶頂をむかえ、○野君は年上の女性をいかせて肉壷へとぶちまけた。
 その後そこにいた男子全員に上の口も下の口も肉棒をぶちこまれ○子達同様に肉奴隷になっていった。


 
 。