※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

短編「ある道具を用いたいつもの主人公の部屋の掃除」

「んほぁぁぁぁぁーーーーーっ!!」
朝美の悲鳴が部屋に響く。

今日は朝美・吾・小波を連れて俺が使っている部屋の一つを掃除させていた。羞恥心を煽る為、朝美と吾は上半身に衣服を、小波は下半身にスカートを着用している。

朝美は尻から異常な勢いで水を放出し、汚れた床を綺麗に洗い流す。
水の勢いが弱まると、俺は脇に大量に用意していたペットボトルの蓋を開ける。
「ほれ、朝美。お前ってば本当に効率が悪いなあ」
「はひぃ…ごめんなさいぃ…」
ペットボトルをひっくり返すと、朝美はゴクゴクと無理矢理に飲み込む。
そして朝美が自分の股間に手を伸ばし、敏感な部分をきゅっと掴むとすぐに尻からの噴出は勢いを取り戻し、再び掃除を開始する。オシッコもぢょろぢょろと流れているがその掃除は次の人物が行うことになる。

しばらくすると床の大まかな部分の掃除は完了する。
「ようし、次は細かいところだな。吾」
「う、うん…」
吾が一歩前に出ると、掃除を終えて倒れていた朝美が足を掴む。
「はい、だろ…御主人様からの命令には…」
「そうよ吾さん、あなたの態度が悪いと私まで怒られるんだから」
小波が吾の肩を掴み、囁く。
「それとも…私と一緒にお仕置きされたいのかしら? 私はかまわないけど…」
「ちっ、違うよっ!」
吾は二人を強引に振りほどき、指定された場所に立って水を飲む。
待機中にも散々水を飲まされていたが、これからのことを考えるとこれでもまだ足りないだろう。
「さて、それじゃまずこの隙間からやってもらおうか。ああ、それと掃除をするときは…」
吾は蟹股で立ち、秘裂を両手で大きく広げて尿道を露出させ腰を突き出すポーズになる。
「うぅ…」
その格好のままプルプルと震えだす吾。膀胱が限界になっているのだろう。
「まずは床の隙間に入った汚れの掃除からね」
吾の後ろに回り、服の中に手を入れてキュッと乳首を摘む。
「うわぁぁぁーーーーーーっ!」
朝美のとき以上のすさまじい勢いで吾の股間から水が発射される。
「次はそこの壁ね。それ、しっかり角度つけないと届かないだろう?」
「ふひぃ…ひひぃぃーーーーーっ!」
時に上半身を引いて角度を付けさせ、時に情けない蟹歩きで吾を移動させ、難度も難度も水分を補給させながら壁の低い部分や床の細かい隙間を掃除させた。
さっきの朝美の小便もこの時に洗い流している。

「いよいよ最後だな。小波」
「はいっ」
小波は声をかけると嬉しそうに返事をする。
掃除の後、立っていられなくなった吾は朝美の横に放置した。なにをやってもいいと朝美に言っておいたら早速抱き枕にしつつ前や後ろの穴を弄んでいる。
「ん…ふぁぁーーーーーっ!!」
スカートの中に手を差し入れられ、敏感なところを掴まれると小波は媚びた声を挙げ、両手で胸を壁に向ける。
「ひぃいいいーーーーっ!! こっ、この勢いぃぃ~~~~凄いぃ~~~~~…」
主にもたれかかり、朝美や吾同様に凄い勢いで胸から噴出を行う小波。たっぷり水を飲んでも流石に胸から水だけを噴出することは出来なかったらしく、薄められた母乳が壁の汚れを落としていく。
「いいぃ~~~~~! 御主人様ぁ、もっと、もっとお掃除させしてください~~~!」


こうして、休日に行った調教部屋の掃除は終わった。
『機械化機』でこの三人を高圧洗浄機にしたらどうなるか試してみたかっただけなのだが、そのときは非常に興奮したのにビデオで撮ったそれを後から見たら絵的に馬鹿すぎて吹いた。

この数日後、部屋が乳臭くなったので掃除ロボットに部屋を掃除させたら小波が泣きそうな顔になったとだけ追記しておく。