プロローグ

ある日、ある男が帽子のようなものを拾った。
男は忘れていた、それが何である事を。

そして、思い出したのである。
「これって・・・ドラOえもんのポケット!?」

すぐにポケットに手をつっこみ試してみた。
「はい、どこでもドア~」
すると、あのドアが・・・、出てきた!!

「すっげ~~」と、子供ながらにはしゃいでしまった。

これで、あんなこと、こんなことが・・・。
いろいろ、わがままな事を考えていたが、そこで思い出した。

これがある、という事は、時間犯罪者を取り締まるタイムパトロール隊だっているはず・・。

「計画的に使わなきゃ・・」と、キャッシングローンのように思った。

まず、金を増やす事を決めた。何とか貯金があるのでそれを全て{フエール銀行}
に預けた。
一時間に1割利息がつくのでうはうは状態である。[もはや死語?]

そして、「おれは、童貞だったな・・・」
じつは、この主人公、1回だけチャンスは、あった。
高校2年生の時、彼女といい感じになり、パンツまで脱いだ時だった。

「ooのペニス、小さすぎ!」

ショックだった、大変。

その事がトラウマで、現在に至るわけである。

「この雪辱、今こそはらしてやる!!」

しかし、レイプなんて嫌いであった。

しかしそれ以外だと、結局無理であった。

「なら、動物だったらどうなんだ?」

まさに逆転の発想、ドラOえもんの道具には、変身できるものがたくさんある。

男は、行動を始めた。