※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜道を一人の人間が細い路地を歩いていた。電灯は電柱ごとに設置はされているが
そのほとんどが整備不良で用をなしておらず、もしここに初めて来た女性なら危険を感じて別の道を
通ろうとするだろう。だがその人物は慣れているのか、根本的にそういった感覚が抜けているか、
比較的しっかりとした足取りで歩いている。
 その人物の表情は見えない。ただ学校、会社、あるいは遊びの帰りか、疲れたような雰囲気を
身にまとっていた。人影は歩きながら、ときおり思い出したようにブツブツと独り言をつぶやく。
自分の今の環境に不満があるようだった。
「ドラえもんがいればなぁ」
 人影はため息混じりにそんな事を言うと、それを最後に不平不満を並べるのをやめて歩きつづけた。
 ふと、人影は足を止めた。路地の中ほど、そこで唯一の人工のあかりの中、スポットライトに
照らされているようにしている、なにか小さい白い物を見つけたのだ。
 人影は見なれない物に興味を持ち、それを取り上げた。
 それは半円形をした二枚の白い布だった。よくよく見てみると、それぞれの円周部が互いに
縫いあわされ、袋状になっている。
 人影は苦笑したようだ。これはまるで自分が先ほど想像した、未来世界から一人のダメ少年を
助けるためにやってきた猫型ロボットが、少年を助ける秘密道具を出すポケットに
そっくりだったのだ。


 普段ならそんななんの変哲もない布切れなど、すぐに捨ててしまっただろう。だがその人物は
いささか興が乗っていた。これが本物ならこんな事をしたい、たとえば……そんな事を思いながら
袋に手を入れ、すぐに抜き出してその手を高々と掲げた。その布切れと同じ形のポケットを持った
ロボットが道具を取り出したときのように。
「ハイ、タケコ……プ……ター……」
 人影は信じられない物を見る声と目つきでその手に握られた物を凝視した。
 ポケットから引き抜かれた手に握られていたのは、黄色いカップの頂点に、同じ色のタケトンボが
刺さった、奇妙なデザインの物体だった。カップの脇にはスイッチらしきものも見うけられる。
 人影はその奇妙な物体をためすがめつ眺め、次に握ったままの布切れに目をやった。人影は
布切れをしまうと、おそるおそるその奇妙な物を頭に載せ、スイッチを押した。
 本物だっ!!
 人影は激しい驚き混乱、そして共にそれ以上の喜びに、心の中で快哉を叫んだ。
人影の眼下には先ほどまで歩いていた路地はおろか、その周辺の家並みをも収めている。
 空を飛んでいるのだ。それも身一つで。頬をつねってみても、その光景は変わることはなかった。
 その人物は子供の頃の夢と憧れが叶った事に歓喜を覚えると同時に、昔から思っていた願望が
ムクムクと音を立てて自己主張し出したのを理解した。
 もし自分が秘密道具を手に入れたらこんな事しよう、自分だったらこんな風に使うぞ……
その思いを叶える事が、今なら出来るのだ。
 けれど、今はもう少しこのままでいるのも悪くない。人影は、いま少し今まで誰も
成し遂げた事のない、体一つでの空中散歩を楽しむ事にした。秘密道具をいかに使おうか
考えながら……。


彼女の名は、早良須美。
善人と言えば善人と言えなくもないが、すさまじい気分屋で享楽的なダメ女子高生。
そのせいで周囲には不真面目と思われていた。
でも、今日からは。
好きな時に好きな事ができる。
たとえ予定が間に合わなくても、過去を改ざんしてしまえばいい。
自分自身のためにならない?そんな事は知った事じゃない。
私は、太く短く生きるんだ。よく言うでしょう、命短し恋せよ乙女、って。

ロングの黒髪が風に揺れる。
スカートがばたばたとはためいているが、どうせ見ている人間なんて居ない。
気持ちいい……
風の感触を楽しみながら、少女は夜の高校へ向かっていく。
まず出席日数をなんとかするために。

そういえば、あの子に頼まれてた写真も取って来ないと。『リザーブマシン』使えば楽勝だね。
ああそれとリーディングの提出物もやっちゃわないとなあ……『コンピューターペンシル』でいいか♪


さまざまな欲望を次々に満たしていく少女。
この少女、怠惰にかける情熱だけは人一倍大きく、次々と使うべき道具が頭の中に浮かんでくるのだ。
『タイムベルト』を使う時だけはかなり緊張したが……
無事に働いた時、須美は思わずガッツポーズを決めていた。
もう、たてよこ高さだけじゃない。
時間を自由に移動できるのだ!
もちろん、このポケットの元の持ち主がいるのか、そしてそれが誰かなど気にもとめない。
もう絶対に手放さない。

「あれ?」
入学してから今までにやらかした数々のミスを修正していた須美。
その中に、彼女の母校である中学校でのプール監視員のバイトがある。
鍵をかけ忘れて、翌日、何者かが侵入した土の跡を片付けさせられたのだが……
「…………声?」
夏とはいえ、もう夜の闇も迫った夕方。
まして自分が帰る姿を見届けたのだから、誰かが残っているはずがない。
「さては、あの土だらけの靴でプールに入ってきた犯人?」

『ドンブラ粉』で地中を潜り、『かたづけラッカー』で透明になって、気配のする更衣室へ向かう須美。
しかし彼女は、その光景を目にして息を呑んだ。


「あ……っ……はぁっ……!」
女子更衣室の中では。
外見から見て中学生であろう、1人の少女が……自慰行為に耽っていた。

美少女と形容していい。目が大きく、活発そうな子だ。
スクール水着がよく似合うやせた体だが、引き締まったウエストのくびれが腰のラインを引き立て、
色気をかもし出していた。
「……っ……」
少女は水着をずらして左の乳房を露出させており、そこに長い髪がふわりとかかる。
胸の名札には「月崎 里絵」という名前が書かれて……
「あ……あぁ…………好き……好きだよ」
壁に寄りかかり、うつろな瞳で両手を動かす少女。
右手は股間の割れ目に水着を押し込むように、左手は乳首をこね回すように。

もしドンブラ粉を使っておらず下に沈む心配がなければ、須美の体は完全に硬直していただろう。
初めて目にする自慰行為。
同性のものとはいえ、全身が熱くなる。
他に気を回す余裕など無く、目の前の少女の息遣いだけが大きく聞こえていた。



そして、その行為の終焉が近づいてくる。
「あ……あっ!あ!……イっ、くっ……!」
左手は水着のお尻の方に回され、水着を掴んで引っ張りあげる。
そして右手が、水着の食い込んだ秘所にめり込むと同時に――
「……っぁああッ!」

少女は荒い息をつき、壁からずるずると床に崩れ落ちた。
「んぅ……」
コンクリートの上に敷かれたゴム製の床。そのでこぼこした表面の刺激に、少女は呻きを漏らす。
しかしそれ以上発展する事は無く、少女は立ち上がり更衣室から出て行った。

「りっちゃん……」

須美は、その少女の呟きを確かに聞いた。
確か、水着の名札には……里絵、と書かれていたが。
「……まさか」
今の自慰行為をしていた少女は、『水着の本来の持ち主』の子に恋をしている!?


……なんとまあ。
とりあえず……現代に帰ろう。もう、掃除をする気なんて無くなってしまった。

『タイムテレビ』で、さっきの出来事の詳細を見る須美。
どうも少女は、自分の忘れたタオルを取りに忍び込んだらしい。
そこで「里絵」の忘れ物である――恐らく着替えてから、置いたまま忘れてしまったのだろう――水着を見た。
そして欲望の歯止めがきかなくなった少女は……

「……うあ」
放課後の学校のプールに不法侵入。
置き忘れられた、想い人の水着。
変態的なオ○ニー。
百合な想い。
「……それなんてエロゲ?」
まだ信じられない、あんなシーンを偶然目撃したなんて。

しかし……
須美は自分の中で、新たな欲求が沸き起こってくるのを感じた。
恐喝のネタになるかも、とか考えなかったわけではないが、それ以上に……
こういう行為そのものに、激しい興奮を覚えていたのだ……