綾城藍は、かつて芸能界に片足だけ踏み入れた事がある。
そのせいで怖い思いをする事になってしまったわけだが……

ある日、藍と夕貴が共にテレビを見ていた時、彼女の姿を見つけた。
「……え?」
忘れもしない、3年前に藍に暴力行為をはたらいた、あの女子だ。
藍は夕貴と顔を見合わせて……黙りこくる。
「ま、まあ……前に乱暴だった奴が、今も問題児やってるってわけでもないだろうしね……」
夕貴はそう言いかけたが、藍の真剣な目を見て顔を引き締めた。
何かあるんだ、と。
感受性が豊かな藍は、人の仕草や表情から虚偽を見抜くすべに長けている。
夕貴が「何か危険を感じる」のと同様、藍のこれは経験に裏打ちされた直感だ。
「……ちょっと『タイムベルト』で調べて来る」

夕貴が去った後。
テレビの中では、何か演劇のオーディションにおいて繰り上げ当選となった彼女の顔が映っていた。
『運悪く彼女はオーディションを受ける事ができませんでしたけど、私が彼女のぶんまで頑張りたいと
 思います。応援、よろしくお願いします!』



「悪しき罰」を与えましょう :sage :2005/09/30(金) 23:35:24 (p)ID:QA/Xi7tH(9)



「……嫌ですよね。人を、自動的に疑っちゃうなんて」
藍は、少し自虐的に呟いた。

そして夕貴は数分後に戻ってきた。わりと時間がかかったのか、顔に少し疲れが見える。
「夕貴さん、大丈夫ですか?」
「んー、全部調べるのに5時間くらいかかったからね。でもま、平気っしょ。ありがと」
藍の頭を軽くなでなでしつつ、畳の上に写真類をばらまく夕貴。
一番上の写真は、多分テレビで言っていた「オーディションを受ける事ができなかった」子だろう。
わりと可愛い正統派アイドル顔。
こちらに比べると、さっきテレビに出ていた女子は……
なんというか、「アニメにすると縦ロールが似合いそうな顔」とでも形容すればいいのだろか。

「そこに映ってる、落ちた子ね。技術力の面じゃ、1、2を争うくらい上手かったらしいよ」
「……という事は、さっきテレビに出てた彼女……と争ってたわけですか?」
「うん。あ、ヤツの名前は九条っていうんだけど」
正直意外だったけど、そいつも同じくらい上手かった、と夕貴は言った。
きっと沢山練習したのだろうが、でも、それはみんな同じ。人の数だけ努力がある。
夕貴は、他人の事をまったく気にかけない人間は大嫌いなのだ。


「手口はズサンなんだけどさ。証拠隠滅されちゃってるから……」
そのオーディションへの招待状は手書きで、渡す少女達への宛名がきちんと書いてあった。
だから書き換える事は容易にできたのだ。
昔流行ったオモチャ、文字が消えるペンを使って。
そして、九条に書き換えられた招待状をその場で読んだ彼女は……
間違ったオーディションの日時をそのままスケジュールに入れてしまったのだ。
「もし招待状をちゃんと読み返してたら、間違える事もなかっただろうけど」
だが、本人の不注意があったからといってヤツを擁護する気はさらさら無い。
それに、ヤツ……九条の悪辣さはそれにとどまらない。
あろう事か、弁当に寄生虫を混入しやがったのだ。
「そいつ、父親が働いてる大学病院から盗んだんだよ、下手したら死ぬような量の寄生虫を」
さいわい診断が早く、結果的にはちょっとした食中毒くらいの症状で済んだらしいが。
その行為に、珍しく藍の眉間に皺が寄る。

「で、藍ちゃんがやる?それとも、あたしがやろうか?」
藍は迷った。今は、鍛錬も積んだ。体力もついた。しかし、精神的にはどうなのだろう。
私怨なく、適切な処理ができるだろうか?他者に迷惑をかけず、きちんとフォローができるか?
「……やっぱり夕貴さんに任せますね」


「了解」
夕貴は立ち上がると、『どこでもドア』の向こうに消えて行った。

じっくり計画を立てる。
笹本夕貴は誤解されやすいが、口調が雑なだけで決して馬鹿ではないのだ。
「んふふ……さぁて、どんな目に遭わせてやろうかな~」
好色な瞳で色々な道具をいじる夕貴。
……馬鹿ではないけれど、ボケである事に間違いは無いだろう。
さっきまで藍があれほど悩んでいたのを吹き飛ばすかのように、己の欲望に走っていた。


『かくれマント』で九条に近付き、目的を果たす。
雷光の光ったような感覚。
夕貴の背筋に、ビリビリと寒気が走った。
夕貴は「それ」を部屋に持ち帰ると、『ビッグライト』で適度な大きさまで拡大する。
『のろいのカメラ』で作った、九条人形を。
そして待つ。ヤツが大勢の人目にさらされるその時を。
待つこと数時間……夕方の撮影の時間、夕貴は『スパイ衛星』の映像で確認すると、行動に移った。


「えっ?」
九条は撮影中突然腹部に走った痛みに、顔をしかめる。
「ほらほら、カメラテストの最中と言ってもじっとしてて」
「は、はい……きゃあっ!?」
周囲が凍りついた。
つまづいたにしても、ありえない動き……空中で一回転して、九条はお尻から派手に着地した。
「い……痛たたた……」

「ふーん、普通に持つだけなら何ともないのに……怖いなあ」
手でひょいと持ち上げるだけなら何も起きないけれど、悪意をもってお手玉すると動きが伝わる。
お手玉と言っても今は人間大サイズなので、空中に放り投げただけだが。
そして今度は……

「あ、や、な、なんで!?止まっ、いやだっ!」
ちょろちょろと九条の股間から液体が染み出して来る。
原作の漫画のように人形サイズで水をかければ派手に漏らしたように見えるが、
この人間サイズで水をかければ自然に漏らしたように見える。
九条は顔を真っ赤にしながら、衆人環視の中、まったく膀胱に覚えのない失禁を続けた。


ふと夕貴の脳裏に、謀略によってオーディションを落とされた彼女の事がよぎる。
寄生虫を飲まされた彼女は……虫を体内から排出する際には、さぞや惨めな思いだっただろうと思う。
少し、そのぶんの仕置きも加えてやろうか。
『タンマウォッチ』で時を止め、水びたしになったスカートをまくり上げ九条の下半身を露出させる。
自分の家の風呂場のボディソープを持って来て、スポイトで吸っては直腸に送り込む事を繰り返した。
そして服を元通りに直し……時間を、動かす。

何が何やらわからぬまま、突然襲い来る腹痛。
大腸の異常を排出しようと緩む括約筋。
「あ……や、やっ……だめ、ぇ……いやっ」
いくら我慢しようと、いつかは限界が訪れる。
それは、下半身びしょ濡れになった九条を介抱しようと駆け寄って来たスタッフの前で、決壊した。
「いや、いやっ、見ないで、見ないでっ……ぅ……ああう!やぁぁぁぁぁぁぁーーーっ!」
目をギュッと瞑り、九条は、人生最大の羞恥の瞬間を迎えた……

一部始終を見終わった夕貴は、『逆時計』のネジを押し込んだ。
九条の出した汚物が彼女自身の体内に戻り、止まった時の中で行われた行為も巻き戻ってゆく。
水が消え、呪いの人形が分離し、カメラの中に戻り、消える。


『のろいのカメラ』で作った人形をどう処分するか考えた結果、こういう手段になった。
すなわち、無かった事にする。
しかし、世界中の多くの人々は「無かった事」として記憶が操作されても、九条はそうはいかない。
そして、その場を見ていたスタッフも。
プライドの高い九条の事、もうここで活動を続ける事はできないだろう。
もし……どこか別の所で復帰したとしたら、できたとしたら、それは九条の精神力を褒めるべきだろう。
やる事はやった。たとえ自己満足だとしても。
「さ、帰ろ」
少し、やり足りなかったかな、とは思う。
でも夕貴は女だし、肉欲が行動につながる事は滅多にない。
「……少し欲求不満ではあるけど」
愛撫したりイかせたりするだけなら、『コピー取り寄せ機』で充分だろう。
この前、藍ちゃんに使ったし。
帰ったら、どこかのアイドルでも触ってみようかな……

おまけ

「…………」
「夕貴さん、ボディソープの瓶じっと見つめてどうしたんですか?」
「いや、別に……って、あ、藍ちゃん!?使っ……」
「え?……な、何かあったんですか?」
「…………いや……あたしも洗うよ……」

何も無かった事になっているとはいえ、浣腸に使った石鹸水を使うのには勇気がいるもんだ by夕貴


おまけ そのに

「綾城兄?どこでもドアでどっか行って来たん?」
「はい。ちょっと、寄生虫の噂の出たお弁当屋さんに」
「へ?……もしかしてあのプロダクション御用達の?」
「ええ。医師の診断書を書き換えて、寄生虫を出したという事態がデマだという事にしました」
「……そっか、混入されてたんだもんな……ナイスフォロー」

あたしなんて人間的にはまだまだ、綾城兄の領域には遠いなと思ったよ by夕貴