|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

小技集

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ログイン・ログアウト

ゲーム起動時のメッセージスキップ

タイトル画面で「ゲーム開始」を押した後、Escボタン連打でGAMECITY市民ID入力画面に行けます。
決定ボタンをクリックしなくてOK。

ログアウトのショートカット

Ctrl+Lがログアウトのショートカットです。
嵐に遭ったり、PKに追いかけられたとき、素早くログアウトすると被害を軽減出来ます。
特に、耐波の低いガレー船は嵐で船員がボロボロ落ちるので有効です。
ただ、ログアウトまでに15秒かかるから、その間は目を離さないように。

交易・航海

まとめ買い・まとめ売り

交易所で交易品を買う時に、Ctrlキーを押しながら購入数アイコンをクリックすると、その購入数で買える最大数を買うことが出来ます。
(例:小麦180個買える状況で小麦50アイコンをCtrlキーを押しながらクリックすると、150個(50×3)購入になる)
同様に、個数指定売却や道具屋でスタックアイテムを買うときなど、個数指定する時にCtrlキーを押しながらクリックすると、Maxを押した状態になります。
例外は船員を雇う時で、ここだけはなぜか効果がありません。

ブーメラン

港から出てからしばらく航海して、Uターンして港に戻ると交易品購入数の復活・提示クエストの更新・投資済みフラグクリア・納品済みフラグクリアになります。
これを通称ブーメランと呼んでいます。
近くに他の港がなく、往復に時間が掛かる場合に有効な手段です。

緯度・経度のいずれかで座標120以上移動するとブーメラン成立です。(片道120,往復だと240)
右下地図の港の白点が渕に掛かった時にUターンでもOK。

交易品購入数の復活

2点間・3点間交易を繰り返していると、徐々に購入可能な交易品の最大数が減っていきます。
それを回復するには3つ方法があります。

(1)仕入発注書を使う。
(2)リアル3時間待つ。
(3)他の5ヶ所の街で交易品の売買をする。

(1)は仕入発注書(通称カテ書)を使うことで、即座に交易品の購入数が回復します。
(2)はログイン・ログアウト状態に関係なく3時間待つことで回復します。
(3)は、A街で交易品を購入後、B街→C街→D街→E街→F街と回って交易品の売買をすると、A街に戻った時、購入可能な交易品の最大数が回復します。
B~Fの間にAが入ってはダメ。
また、B~Fでは必ず交易所で売り・買いどちらかしないとダメ。
つまり、6点間交易をすれば、交易品の購入数は減少しないということです。

銀行手数料の軽減

宝石アクセサリーなど、高価なアイテムを銀行に預けると、銀行手数料が馬鹿になりません。
そこで、一思いに耐久を削ってしまいましょう。
4Mの宝石アクセ(耐久20)だと、手数料200Kですが、耐久2まで削ると手数料は20Kに下がります。
ただし、転売しにくくなるのが難点です。

ショートカット+カスタムスロット

ショートカットF1~F8を全部カスタムスロットにします。
次に、カスタムスロットに良く使うスキルやアイテムを登録します。
すると、カスタムスロットのコマンドを実行するのにファンクションキーを2回押すだけになります。
採集・調達など繰り返し使いたいスキルや、身体言語など使う頻度の高いスキル、連打したい修理スキルや料理アイテムを登録すると便利です。

戦闘

カメラ演出は不要

環境設定→ゲーム中の設定→カメラ演出 初期値は「あり」ですが、「あり」だとまともに戦闘できません。
必ず「なし」にしましょう。

カメラ演出:砲撃の着弾時に敵艦が画面いっぱいにズームされる。

対人戦OFF

環境設定→ゲーム中の設定→対人交戦を「表示しない」にすると、間違えてPK仕掛けることを防げます。
PK・PKKする人は「コマンド表示」で。

戦闘用カスタムスロット

いくつかのカスタムスロットはちょっと特殊な使い方が出来ます。
F8は戦闘中も連打が有効なので「修理」を入れると便利です。(F1~F7は大砲の撃ち分けに使用するため連打不可)
次に、F5はマウスでカスタムスロットを開いたとき、マウスカーソルが重なる位置に出てきます。
ここにはやはり戦闘中に連打したい「外科」や「料理アイテム」をセットしましょう。
戦闘中に使用するアイテムを優先して残りのカスタムスロットに登録します。
アイテムウインドウを開くと、画面の真ん中が見えなくなってしまうので。


最終更新日: 2007年04月07日 10時03分06秒