|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

大海戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


過去の大海戦


大海戦の準備

大海戦についての注意事項や用意するべきものをまとめました。
参加される方は是非一度目を通しておいてください。

PC環境

  • グラフィックの表現を落とす
大海戦海域は、多数の船が動くために処理が重くなります。
マシンスペックに自信がない方はシステムの環境設定でグラフィックの表現を最低まで落としておきましょう。
画面の動きがスムーズになります。ただし、洋上視野と洋上視界は最大にしておきましょう。
  • ハイスペックマシン&大画面を使おう
軍人で最強になりたい!という方は、PC自体・回線を強化しましょう。
マシンスペック・回線速度を上げることで、ラグが多少少なくなります。
また、画面解像度の大きいPC環境(1280×1024以上、17インチモニタ以上)を用意しましょう。海がとても広く見えるようになります。

スキル

大海戦に出るにあたり必要なスキルです。
持っていない場合は、アイテムで代用するか、言語を一時的に消して入れ替えましょう。

  • 水平射撃
近距離砲撃が出来るようになり、砲撃の命中率がUPします。
砲撃の基本スキルですので、ぜひ取りましょう。
  • 修理
船の耐久を回復します。艦隊全員に効果があります。
1回の発動で資材1を消費します。
大工道具ではちょっとしか回復しないので、スキルを持ちましょう。
  • 外科医術
怪我で減った船員を回復します。艦隊全員に効果があります。
1回の発動で水1を消費します。
外科道具では3人回復します。
行動力20消費するため、低Lvのうちは外科道具を使用しても良いでしょう。
  • 統率
混乱を回復出来ます。艦隊内の1人に効果があります。
アイテム「沈静の旗」は自分にしか効果がないので、出来るだけスキルを持ちましょう。
  • 機雷発見
敵が設置した機雷が赤色で見えるようになります。(味方の機雷はオレンジ)
高R機雷は大ダメージを受けるので、前提条件(冒険Lv15戦闘Lv3探索R3)をクリアしている人は持っておくと良いでしょう。
  • 弾道学
大砲の射程が長くなり、大砲の命中率がUPします。
アイテム「砲兵隊の心得」(セビリア道具屋で販売)で代用できます。
  • 貫通
大砲の威力がUPします。また、浸水を発生させる確率もUPします。
アイテム「鋼の砲弾」(ハンブルグ道具屋で販売、生産)で代用できます。
  • 機雷敷設
機雷を設置します。
高Rになると、1回で250ダメージを与えることが出来ます。
冒険者・商人メインの方も持っておくことをオススメします。

大海戦の主力となる船は以下です。
材質は、オーク・銅張り・鉄張りなど、耐久の高いものが使われます。
造船するのであれば、加速がよくなるように減量するのをオススメします。
(減量すると継戦能力が低下するため、船倉の増減は良く考えましょう)

  • 小型:戦闘用フリュート、フリュート、ガンボート
  • 中型:重フリゲート、強襲用重キャラベル、フリゲート、戦闘用ピンネース
  • 大型:戦列艦、ガレアス、重ガレオン、商用大型ガレオン

他に、艦隊の牽引役として、スループ級(小型)、ジーベック級(大型)なども使われます。
上記以外の船でも貴重な戦力です。ぜひ参加してください。

船部品

大海戦では、お互いが本気装備でぶつかり合います。
出来るだけ、大砲は名匠大砲、装甲は鉄板といった最強装備を用意してください。

  • 大砲
カロネード砲14門が主流です。
砲撃に自信があるアタッカーは、キャノン砲14門を使っても良いでしょう。
提督やサポート役は、ペリエ砲14門やメテオーラ砲14門など、射程距離の長いものや特殊効果のあるものを使う戦術もあります。
できれば名匠大砲の貫通力の高いものを揃えたいです。
  • 追加装甲
軽量鉄板、削剥鉄板を最大までつけるのが主流です。
鉄板、硬化鉄板や圧延鉄板は船足が落ちるので人気が下がっています。
  • 補助帆
旋回マイナスの無いステイスル系(フォア・ミズン・メイン)がオススメです。
メインステイスルは、この中ではもっとも帆数値が高いですが、生産のみのため流通が少ないです。
操舵に自信があるならば、メインフルリグドセイルを1つ装備すると機動力がかなり向上します。
  • 特殊兵装
機動力重視で大スパンカー×2、白兵強化で大型船尾楼+大スパンカーの組み合わせが主流です。
白兵に自信があるなら、特大ラム+大型船尾楼という手も有効です。
  • 船首像
天竜の像(砲弾回避7)やファフニールの像(砲弾回避8)、ガルーダの像(砲弾回避8)がオススメです。

装備品

装備品による攻撃力・防御力は、白兵戦においてさほど影響しません。
むしろ操舵や回避、剣術ブーストなどがある装備を着けたほうが良いでしょう。
以下は一例です。

  • 海の民の鎧(体装備、操帆+1、操舵+1)
  • ラブリュス(持ち物装備、剣術+3)
  • カッツバルゲル(持ち物装備、回避+2)
  • 航海技術入門(装飾品、操舵+1)

消費アイテム

以下のものは必須です。必ず揃えましょう。

  • 艦隊効果のある料理
マグロのオリーブステーキやクスクスといった、艦隊全員に回復効果のある料理を揃えましょう。
  • 撤収の鐘
白兵戦から撤退する。撤退コマンドよりも高確率で撤退できる。
  • 手桶
浸水を回復する。浸水は回避率低下、速度低下、徐々にダメージ。
浸水中は砲撃で一撃死することがあるので、素早く直そう。
  • 予備帆
帆損傷を回復する。帆損傷中は速度が低下する。
艦隊メンバーの帆損傷も回復出来るので、積極的に使おう。
  • 予備舵
舵損傷を回復する。舵損傷中は旋回速度が低下する。
艦隊メンバーの舵損傷も回復出来るので、積極的に使おう。
  • 消火砂
火災を回復する。火災は徐々にダメージ。
放置して修理で押さえ込んでもよい。
艦隊メンバーの火災も回復出来るので、積極的に使おう。

以下のものは必要に応じて揃えましょう。

  • 轟音弾
白兵アイテム。敵艦を混乱状態にする。
  • 破壊の大錐
白兵アイテム。敵艦を浸水状態にする。
  • 仕込み爆薬
白兵アイテム。敵艦の弾薬庫を爆破する。
敵艦の弾薬が多いほど大ダメージを与える。
  • 火炎壷
白兵アイテム。敵艦を火災状態にする。
  • 白煙弾
白兵アイテム。敵艦を煙幕状態にする。
煙幕状態では、砲撃力が極端に低下する。
  • 盟約の美酒
船員の忠誠度を上げる。
船員の錬度・忠誠度は白兵での攻撃順や撤退成功率に影響するので、高くしておきたい。
  • 酔い覚まし
泥酔状態から復帰する。
酒場の船乗りに酒をおごることで、船員を再度雇用することが出来るようになる。

積荷

  • 水・資材は多めに
水、資材はたくさん持っていきましょう。外科医術と修理で大量に消費します。
弾薬は、白兵で仕込み爆薬を受けたとき、多く持っていると大ダメージを受けます。
機雷と砲撃で使う分を考え、少なめにしましょう。
食料は優先順位が一番低いです。6日分ほどあれば充分でしょう。

  • 転用できる交易品があれば長期戦もOK
長期戦用として、ビール(水に転用)や木材(資材に転用)、弾丸(弾薬に転用)、大型魚(食料に転用)などを積んでいると継戦能力が向上します。

大海戦の戦術

提督チャット

戦場全体に関連する情報を相互にやり取りするため、司令部と各艦隊の提督(又は代理1人)と斥候で一つのチャットルーム(提督チャット)を作り、情報を共有します。
各人の役割を以下に示します。

  • 司令部
各艦隊からの情報と斥候からの情報を総合し、手薄なエリアへの増援指示や敵精鋭艦隊の接近警報などを出す。
  • 提督
NPCの発生状況、敵艦隊の所在情報、自艦隊の状態(敗北、解散など)などを報告する。
  • 斥候
各補給地点で定点観測を行い、敵艦隊の出航・入港を報告する。
また、時々検索して、敵艦隊の数や精鋭の位置などを報告する。
特に敵精鋭の動向には注意する。

艦隊の役割分担

  • 提督は突撃せず、いつでも離脱できるようにする
提督が撃沈・拿捕されると敗北です。
提督は必要以上に突撃しないようにしましょう。

  • 2番艦は提督の護衛にあたる
2番艦は提督補佐として援軍Sayをしてください。
必要に応じて、提督チャットへの発言も担当します。
戦闘中は、提督の護衛として提督より敵に近い位置をとり、攻撃に当たります。

  • 3番艦は攻撃の主力
3番艦は攻撃の要となります。
ただし、無謀な突撃は控えましょう。

  • 4番艦と5番艦は遊撃隊
4番艦と5番艦は、開戦状況により離れた位置で戦闘開始することがあり、孤立することの多いポジションです。
分断・各個撃破されないようにうまく立ち回る必要があります。
独立した行動を要求されるため、対人戦に慣れた人が担当すると良いでしょう。

NPC狩り

  • NPCは提督を集中攻撃
提督を撃沈すれば勝利です。
全滅させる必要は無く、その間に敵PC艦隊の援軍が来てしまう可能性があるので、素早く敵提督を沈めましょう。

  • NPC狩り専門艦隊
対人戦に自信がない場合は、NPC狩り専門で参加する方法もあります。
主に5人艦隊1艦隊で行動します。
敵PC艦隊との交戦はなるべく避け、離脱を最優先するように行動しましょう。
提督は離脱、そのほかの艦隊メンバーは撃沈・拿捕されても提督を守りましょう。
提督が離脱できれば引き分けです。
撤退・敗北後は素早く解散し、港や上陸地点で再編成しましょう。

ペア艦隊

  • ペア艦隊は一緒の行動を取る
戦場の情報を共有し戦果を稼ぐためにも、ペア艦隊を組み、連隊単位での行動(出航・解散)を心がける事をお奨めします。
基本的に5人艦隊2艦隊で一緒に行動し、片方が交戦状態になったら、もう片方が援軍に入る形を取ります。

  • ペア艦隊チャットを作ろう
艦隊間の連携を取るために、ペア艦隊のメンバー全員で1つのチャットルームを作りましょう。
艦隊チャットを使わず、艦隊内の会話(補給要求や提督チャットの内容伝達など)もペア艦隊チャットを使うと混乱しにくくなります。

  • 戦闘中の意思疎通
戦闘中はログが激しく流れるため、チャットログを見ている余裕が無いと思います。
そのため、艦隊メンバー及びペア艦隊との意思疎通にはsayを使いましょう。
(sayは吹き出しが出てしばらく残るため)

また、緊急の支援を要求する場合の符合を以下のように決めます。
修理(s)、外科医術(g)、料理(r)、統率(t)
緊急かつ複数回の支援が必要な場合は、「ggggg」(外科連打頼む)のような感じで発言しましょう。

援軍

  • 援軍入りは素早く
大海戦中は、援軍要請なしで味方の援軍に入れます。
援軍に入る場合は、友軍の船をクリックし、「援軍」のボタンを押します。
敵提督を捕まえやすい位置で入れればベストです。
援軍の位置取りにもたついていると、別の敵艦隊から攻撃され、分断されることがありますので、素早く判断しましょう。
援軍に入ったら、すぐに修理・料理・統率の支援をしましょう。

  • 援軍要請&敵提督情報は2番艦がsayで行う
敵艦隊と戦闘に入った場合、ペア艦隊に敵提督を教えましょう。
艦隊の2番艦が say で「イスパ援軍求む 敵提督xxxx」と発言します。

<sayの理由>
吹き出しが出るため、位置がわかりやすい。
<2番艦の理由>
(1)提督は操船が忙しく、入力する余裕が無いため。
(2)自艦隊の提督の位置が敵にばれないようにするため。

半個艦隊

5人に満たない艦隊で行動する戦術です。
少人数のため、出航準備や再編成などがスピーディになります。
小型・中型のNPC狩り専門に限定すれば、半個艦隊でも充分勝てます。
(大型は耐久力が高い分1戦に時間がかかり、PCが援軍にくることがあるので注意)
予定していたメンバーが遅刻などでそろわなかった場合などに検討してみましょう。

撤退

  • 不利なときは迷わず逃げる
戦況が劣勢の場合、躊躇せず撤退しましょう。
敗北・撤退後、粘着されそうになった場合は艦隊を解散しましょう。
損傷が軽微で、継戦可能と判断出来る場合は、そのまま復帰でも良いです。

  • 物資切れに注意
補給要求は遠慮せずに艦隊メンバーに言ってください。
物資切れは敗北につながります。
戦闘継続が無理な状態ならば、艦隊を解散して帰還し、再編成しましょう。

  • 暴言禁止
対人戦の時、敵方プレイヤーに対して暴言しないでください。
相手はNPCではありません。
お互いに気持ちよく戦いましょう。

再編成

  • 艦隊の再編成は街の中か上陸地点だけで可能
艦隊を解散すると、交戦することが出来なくなります。
一度街か上陸地点に集合しないと艦隊編成できません。

  • 上陸できない港に注意
大海戦の攻撃側のキャラは、対象となった港に上陸することが出来ません。
当然再編成も出来ないので再度移動しなければならず、時間のロスになってしまします。
また、旗付きNPC狩りなどで敵対関係になっている国の同盟港にも上陸できないことがあるので気をつけましょう。


最終更新日: 2007年05月28日 23時39分46秒